FC2ブログ

ブログトップ > 音楽 > スギキ・クインテットの加子母合宿

スギキ・クインテットの加子母合宿

2018年9月1日(土)  

昭和音楽大学の杉木淳一朗先生とその門下生4名が、二泊三日のトランペット合宿で加子母にいらっしゃいました。合宿最終日の今日は、その成果の一部をお披露目して下さいました。淳一朗先生は、明治座クラシックコンサートの初期メンバーの杉木峰夫教授のご子息です。峰夫先生は数年前に東京藝術大学をご退官後、愛知県立芸術大学の教授を務めていらっしゃいます。古いご縁が新たなご縁に繋がり、今回の合宿が実現しました。

180901-昭和大学ご一行様03

数曲を演奏して下さいましたが、お恥ずかしながら私の知っていたのは2曲のみ。それでも演奏の素晴らしさを感じました。

180901-昭和大学ご一行様01

演奏の後は、峰夫先生が小熊(シャオション、倅のこと)にトランペットについてご説明下さいました。実は昨晩の懇親会で、小熊が勉強や部活の忙しさからエレクトーンへの情熱を失いつつあると峰夫先生にお話したために、それを気遣ってエールを送って下さいました。これで少しは小熊が情熱を取り戻してくれるといいんですが。

180901-杉木峰夫先生

そして来週は、昨年に引き続き愛知県立芸術大学の倉田先生ご一行が加子母合宿にいらっしゃいます。こちらも峰夫先生がつないで下さったご縁です。こうして加子母が合宿のメッカになって行けばと思います。

中島 大地


コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://terrajapan.blog37.fc2.com/tb.php/2981-2cc2ba1b

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (0)
自分 (152)
家族 (288)
映画 (57)
(株)中島工務店 (183)
住宅建築 (373)
社寺建築 (22)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (133)
NBA (99)
蕎麦 (44)
地域 (247)
ブログ (7)
食べ物 (211)
basketball (21)
スポーツ (31)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (11)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (80)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (25)
SAREX (8)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (82)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (24)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (68)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (84)
商工会 (57)
かしも山歩倶楽部 (15)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (4)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (98)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (22)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (6)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (19)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (5)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (4)
木材利用 (1)
文化 (1)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (12)
かしも木匠塾 (23)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (1)
なぜか韓国2018 (2)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth