FC2ブログ

ブログトップ > プロジェクトLK > 「チルチンびと」の取材。

「チルチンびと」の取材。

2010年3月31日(水)

27・28日のオープン記念イベントが終わった可児モデルハウスLITTLE KASHIMO。ご来場頂きました皆さん、改めまして本当にありがとうございました。

そして昨日・今日は引き続き雑誌の取材を受けました。掲載予定の雑誌はチルチンびと東海版'10

今回の取材でお越し頂いたのは、「風土社」の代表兼編集長の山下さん、写真家の垂見さん、そしてライターの角丸さん。山下さんとは初対面でしたが、他の二人は前回の取材でお世話になっており、知らない人じゃなくて少しホッとしました。

さて、10:30am頃から取材開始。まずは去年建築させて頂いた東上田の家(下呂市東上田)の取材です。住まい手さんには2時間ほどジックリとお話を伺い、改めて住まいづくりの経緯などを聞かせて頂きました。もともと今風のクロス貼りの家を考えていたが当社と出会って木の家が欲しくなったとか、当社の担当の人柄が決め手だったとか、お子さんが友達を家に連れて来たくなったとか・・・。隣で聞いていた私がくすぐったくなるような話ばかりで、少々恐縮しちゃいます。インタビューと並行して山下さんと垂見さんは建物を撮影。申し遅れましたが、建物も素晴らしい作品です。

東上田の家と飛行機雲

その後は下呂市内に移動し午後の部の前に昼食を。意図的に飛騨亭さんを選んで、森の家(下呂市森)の建築現場に駐車。必然的に御一行は現場の中へ。玄関に入るや否や、アクセントとして玄関の飾棚に採用した柿渋色の漆和紙を山下さんに大変お褒めて頂きました。「家の顔だね」と。嬉しいですね。「森の家」は来年の掲載へ向けて温存、温存。

飛騨亭さんで食事の後は囲炉裏の家(下呂市宮地)の取材です。こちらの作品は平成20年度のぎふの木で家づくりコンクールで優秀賞を頂きました。実は当社の神戸支店長鷲見さんの自邸です。不在の鷲見さんに代わって、お父さんとお母さんが取材を受けてくれました。

「囲炉裏の家」ではありますが、囲炉裏の間には現在お雛様が。これはこれでいいですね。

囲炉裏の家

3:00pm頃に下呂を出発一路LKへ。4:00pm頃到着。早速夕景の撮影へ。タイミングをしばし待ちます。

LK夕景の撮影

撮影での待ち時間、山下さんにスッポンのようにくっついて離れないsogachapinさん。何やらジューシーな情報を頂いた模様。

sogachapin.jpg

7:00pm近くに夕景が撮れ、本日の取材が終了。どうやら思い通りの写真が撮れた様子。いよいよ恒例の焼き肉の開始です。

nite with chiruchin

飛騨牛はもちろん、"加子母が全国に誇るB級グルメ"鶏チャン、五平餅、そして締めはタケノコの味噌汁と、10:00pmまでしっかり歓談しました。その夜は「チルチンびと」様御一行にはLKにご宿泊頂きました。

今日は8:00amから「LITTLE KASHIMO」を取材。山下さんと垂見さんは建物の撮影を、ライターの角丸さんは私をインタビューです。甚だ役不足感がある私ですが。

<詳細は省略 雑誌を読むべし>

10:30am過ぎに取材完了。天候にも恵まれ、盛りだくさんの二日間の行程は大きな問題もなく完了。ご協力頂いた住まい手の皆さん、本当にありがとうございました。

「チルチンびと東海版'10」は5月下旬発刊予定。垂見さん、私をイイオトコに撮ってくれたかなぁ。今からドキドキです。

中島 大地

コメント

楽しみです

特に今回人事ではない取材で楽しみというか 緊張しますねぇ(^_^;)

取材お疲れ様でした

2010年03月31日(水)20時44分07秒|URL|yastro #-|編集Λ
yastroさん、

他人事じゃないですよ。
でも緊張しなくてもいいと思います。
楽しみにして下さい。

2010年04月01日(木)08時53分39秒|URL|terrajapan #-|編集Λ

お疲れ様です
こんな家の前で炭火で焼き肉って贅沢ですよね。
チルチンびと楽しみにしています

2010年04月01日(木)09時29分21秒|URL|マルワイマン #-|編集Λ
投稿ありがとうございます

なんかコメントを入れなきゃいけないような...
という訳で、
お雛さんの解説をちょっと
一番上のお内裏さんとお姫様が、私の娘が生まれた時頂いた平成のお雛様です。2段目が姉が生まれた時頂いたお雛様で、以前下呂の合掌村で公演されていた、100体の人形を1人で操り演じる、人形による歌舞伎『竹原文楽』を行っていた洞奥一郎さん作の貴重な昭和のお雛様です。
その下のあるのが明治の土雛だそうで先祖代々受け継がれてきているお雛様です。
今回投稿して頂いたことで、お雛様も喜んでいるでしょう。ありがとうございました。

2010年04月01日(木)11時14分17秒|URL|wicked-boy #SFo5/nok|編集Λ
wicked-boyさん、

そうなんです、お雛様のことご両親に
説明して頂いたんです。
良いモノにはストーリーが付き物ですね。

2010年04月01日(木)17時56分36秒|URL|terrajapan #-|編集Λ
マルワイマンさん、

その節はありがとうございました。
マルワイマンさんのお口にあったかどうか・・・。
「チルチンびと」楽しみにして下さい!

2010年04月01日(木)17時58分43秒|URL|terrajapan #-|編集Λ
すっぽん魂

取材お疲れ様でした。
山下さんより素敵なアドバイスを
頂戴し、私にとって大きな収穫でしたね。
そしてその収穫したネタとは・・・
おっと危ない!?
墓場まで持って行きます。
ってオイ!

2010年04月01日(木)20時13分15秒|URL|sogachapin #6x2ZnSGE|編集Λ
sogachapinさん、

収穫はこの場では明かさず、
内緒で話しましょ。

2010年04月02日(金)00時07分40秒|URL|terrajapan #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://terrajapan.blog37.fc2.com/tb.php/179-cac0e783

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (168)
家族 (313)
映画 (63)
(株)中島工務店 (216)
住宅建築 (416)
社寺建築 (29)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (134)
NBA (100)
蕎麦 (47)
地域 (296)
ブログ (9)
食べ物 (242)
basketball (25)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (8)
講習 (81)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (27)
SAREX (9)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (84)
小熊語録 (8)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (25)
地球の会 (16)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (87)
商工会 (59)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (113)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (23)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (10)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (8)
木材利用 (6)
文化 (2)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (13)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (46)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
岐阜県工業会ベトナム視察ホーチミン (7)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth