FC2ブログ

ブログトップ > アーカイブ - 2016年10月

平成28年度安全運転管理者講習会

2016年10月6日(木) 〇

平成28年度安全運転管理者講習会を受講しました。5台以上の車輌を持つ事業所は安全運転管理者を選任することが義務付けられており、所有台数により管理者の人数が決まります。中島工務店の場合は安全運転管理者と副安全運転管理者を合わせて9名で、その内の一人が私です。

決して安全運転で知られているわけではない私がこの度副安全運転管理者に任命されたのは、恐らく2月に轢き殺してしまった2匹の鹿への贖罪の場を与えてもらったのだと思います。いずれにせよ大役です。真面目に務めたいと思います。

161006-H28安全運転管理者講習

以下、約5時間の講習で学んだことを書き綴ります。

・ 岐阜県の死亡事故年間目標は95名以下、現在62名。10月は死亡事故多発の期間。
・ 高齢者の死亡が55%。高齢者の死亡は歩行・自転車の場合が多い。歩道横断の際に右より左からの車に衝突する場合が多い。運転者は右からの横断者には特に気を付ける。
・ 後部座席のシートベルト着用は義務。現在着用率は約半分。シートベルト未着用の場合の死亡率が高い。ハンドルで肋骨を折り肺に刺さり死亡する(肺血気胸)。
・ 中津川管内は人身事故164件、死亡3件、昨年を上回るペース。
・ 出勤時間の交通事故が約1/4。週末よりも平日の発生が多い。車同士の追突、前方不注視が多い。交差点・交差点付近での発生が半分以上。高齢者と小学生の歩行者の事故の割合が高い。
・ 時間に余裕を持った行動を。約束に遅れる時は先方に断りを入れて焦らないことが大切。
・ 遠回りしてでもできるだけ信号機のある交差点を通った方がリスク減。
・ 日没の30分前にはヘッドライトを点灯する。対向車のいない時はハイビームを活用する。見通しの悪い場所では最悪の状況を予測する。夜間の外出は明るい色の衣服や夜光タスキを。
・ 毎年全国では4,000人前後が交通事故で死亡。岐阜県では100人前後(減少傾向)。
・ 65歳以上の高齢者の死亡が多。歩行者の死亡の大半が高齢者。
・ 安全運転義務違反による交通事故発生が最多。速度超過、脇見運転。
・ 過労運転・過積載では管理者・使用者等が罰せられる。
・ 一般違反行為による欠格期間は最大5年、特定違反行為では10年。
・ 追突事故は実は単路で多く発生している。追突事故の大半は認知ミス。運転中は前を見て車間距離を確保して。運転中は電話をしない。
・ 一時停止を怠る理由は「車輌は来ない」という思い込み。
・ コリジョンコース現象。動いている車が停止しているように見える目の錯覚。
・ 右折時の事故が最も多い。対向車との接触、歩行者との接触。ミラーだけでなく目視確認を。
・ 対高齢者事故が多発。右側から横断してくる歩行者との接触が最多。夕方は早めのライト点灯を。
・ バックで出庫中に高齢者と衝突する事例が多い。同乗者がいる場合は誘導をお願いする。バックモニターに頼り過ぎず目視確認を。
・ 飲酒運転の発覚を恐れて轢き逃げする事例が多い。酒気帯び運転は3年以下の懲役と50万円以下の罰金。前日の飲酒が翌日飲酒運転になる場合も。
・ 高速道路ではタイヤ交換等の作業をせず警察・道路管理者に連絡する。高速道路でも人が歩いている場合があるので要注意。
・ 運転中の熱中症に注意する。薬の副作用に注意する。
・ 準中型免許を新設。普通免許と中型免許の中間。3.5t以上7.5t未満の車輌。施行以前の普通免許は5.0t未満、以降の普通免許は3.5t未満。
・ 高齢運転者(75歳以上)が免許を更新する場合は更新講習を受講する。高齢運転者が事故・違反した際は検査を受ける。
・ 悪質は事故・違反はその場で免許停止できる(借停止)。悪質自転車運転者に安全講習を義務付け。
・ 高速道路は一般道に比べて事故数は格段に少ないが(1/12)、発生すると大惨事になりやすい。
・ 高速道路では渋滞中や停止中の死亡事故が非常に多い。前方不注視が大きな事故につながるのが高速道路。
・ ハザードランプやポンピングブレーキで後続車に渋滞を知らせるのは自分のため。後続車が減速するまで目を離さない。
・ 高速道路で事故・故障したら可能な限り路肩か非常駐車帯へ移動し、ハザードランプをつけ、後続車に合図する。停車後、発煙筒と停止表示板で更に合図する。乗員はガードレールの外等安全な場所に避難する。道路管制センター(非常電話か#9910)に通報する。
・ 発煙筒にも使用期限がある。期限切れの発煙筒で着火を練習するとよい。
・ 三角表示板は義務。三角表示板を設置せず高速道路で停車するのは違反。
・ 高速道路の逆走は、インターを乗り越して方向転換したか、スピンした際に方向が分からなくなったことが原因。高齢運転者に多発。事案件数は増加傾向、その半分以上は死亡事故。
・ 高齢化に伴い認知症ドライバーが急増中。
・ ETCレーン通過時は時速20km以下で走行する。前の車が止まる想定で走行する。
・ 時速60kmで衝突すると、体重の3倍以上の負担が掛かる。
・ お出掛け前に「アイハイウェイ」で道路情報の確認を。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (168)
家族 (311)
映画 (62)
(株)中島工務店 (213)
住宅建築 (411)
社寺建築 (29)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (134)
NBA (100)
蕎麦 (47)
地域 (294)
ブログ (9)
食べ物 (240)
basketball (25)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (81)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (27)
SAREX (9)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (84)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (25)
地球の会 (15)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (86)
商工会 (59)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (113)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (23)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (10)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (7)
木材利用 (4)
文化 (1)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (13)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (45)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth