ブログトップ > アーカイブ - 2015年12月

日本經典恐怖大師 伊藤潤二 全球首次個展

2015年12月31日(木)

台湾帰省も一度も晴れることなく4日目を迎えました。二度目の"巡礼"をネタに小熊(シャオション、倅のこと)と二人で朝ジョギングに出掛けました。大半をダラダラと歩く小熊にイライラしながらも10:00amには目的地の三創生活園區に到着しました。台湾では店舗のほとんどが11:00amに開店するので、それまで時間をつぶそうと辺りを散策すると伊藤潤二個展なる催し物があり、楳図かずおを思わせる作風に惹かれて小熊と二人で入ることにしました(但し小熊は今日だけ13歳になって)。

151231-junjiito01.jpeg

151231-junjiito02.jpeg

151231-junjiito03.jpeg

151231-junjiito04.jpeg

151231-junjiito05.jpeg

151231-junjiito06.jpeg

151231-junjiito07.jpeg

151231-junjiito08.jpeg

151231-junjiito09.jpeg

151231-junjiito10.jpeg

正直な所、伊藤潤二氏を知らず家に帰って来てから調べてみると、著名なホラー漫画家でした。しかも岐阜県出身で中津高校卒業。台湾の地でたくさんの人々が決して安くない入場料を払って観賞してくれることを、同じ日本人、同じ岐阜県出身者として嬉しく思います。

中島 大地 ◯

ブログトップ > アーカイブ - 2015年12月

4DX的原力覚醒

2015年12月30日(水)

12月17日の公開以来悪い評判を聞かないスター・ウォーズ/フォースの覚醒を遂に観ました。



ネタバレにならないようストーリーには触れませんが、エピソードVIIの本作は前6作に勝るとも劣らない一大活劇です。往年のファンには堪らない仕掛けや、身震いするほどのシーンが満載です。エピソードI〜IIIがコレミヨガシにCGバンバンだったのに対し、こちはCGっぽさが少なく臨場感があり、VIの世界観から違和感なく繋がっている感じがしました。

そして臨場感といえば、人生初の4DXを初体験しました。もちろん3Dで、場面に合わせて椅子が動き、風が吹き、煙が出て、臭い、光る。椅子もちょっと振動するぐらいではなく、振り落とされるかと思うぐらい揺すられます。もはやテーマパークにあるちょっとしたアトラクションです。

映画のクオリティと4DXの驚き、これは良い体験でした。

中島 大地 ◯

ブログトップ > アーカイブ - 2015年12月

水泳〜淡水へ

2015年12月29日(火)

台湾帰省2日目は、朝のジョギングを短めに切り上げて、以前から計画していた水泳に出掛けました。お義父さんとお義母さんの引率で、捷運淡水線の竹囲駅近くのお義姉さんのアパートにあるプールへ。現在台湾に遊びに来ている同僚のご一行を九份に案内している熊(ション、家内のこと)が不在であまり乗り気でない小熊(シャオション、倅のこと)。



お義姉さんのアパートがある13階から見下ろす淡水河。天候が優れず残念。

151229-tamsui02.jpeg

こちらがプール。ほぼ貸切。

151229-aqua03.jpeg

隣にはジェットバス付きのスパもあります。ちなみにサウナも。全くもって理解し難い組み合わせです。

151229-aqua02.jpeg

十数年ぶりの水泳でぎこちない私を他所に、小熊は60mプールを軽々と十数往復。さすがはスイミングスクールに通っているだけのことはあります。

151229-aqua04.jpeg

1時間ほど泳いだ後に少し休んで、バスに乗って次なる目的地淡水へ向かいました。淡水には熊と婚約した13年前に来て以来です。

151229-tamsui07.jpeg

たくさんの人出で賑わっていました。

151229-tamsui03.jpeg

151229-tamsui06.jpeg

試食した蒟蒻ゼリーを小熊が気に入って購入。

151229-tamsui04.jpeg

軽く食べ歩きも。

151229-tamsui05.jpeg

混み合ったMRTで家まで帰り着くと7:00pm過ぎ。熊が合流して家族3人で夕食に出掛けました。走って、泳いで、電車で立って、夕食をお腹いっぱい食べて、充実した台湾帰省2日目でした。

中島 大地 ◯

ブログトップ > アーカイブ - 2015年12月

日本からのお客様

2015年12月29日(火)

中津川市とお隣の加茂郡で英語のアシスタント・ランゲージ・ティーチャー(ALT)を勤める熊(シャオション、家内のこと)の同僚3名と娘さんが台湾に遊びに来ているということで、昨晩は熊家が夕食にご招待しました。この辺りの礼を欠かさないのが熊家の流儀です。

151228-dinner.jpeg

ご一行が訪れた台湾の観光地の話やお義父さんの好きな演歌の話で盛り上がり、短い時間でしたが楽しい夕食会でした。

中島 大地 〇

ブログトップ > アーカイブ - 2015年12月

改めGUNDAM BASE TAIWAN NO.1

2015年12月28日(月)

台湾帰省の恒例と言えば"巡礼"です。元々K-MALL内にあったGUNDAM BASE TAIPEIは、昨年は台北駅地下街にあるTOY PARK内に移転し、おもちゃ屋さんの中の一つのコーナーのようになってしまい残念でした。それが今年再び移転しました。移転先は、主にゲームやIT関連の専門店が入る三創生活デパートの6階です。



そして名前も新たにGUNDAM BASE TAIWAN NO.1になりました。「NO.1」と言うことは少なくとももう一つは他の店舗があるということで、私の知る限りでは高雄市にあるそうです。それにしても、なんだか"セクシャルバイオレット"的な響きが気になります。

151228-GBT02.jpeg

展示も品揃えも、以前のGBTほど充実してはいませんが、それでもGUNDAMの冠を持つ専門店に復帰したのは嬉しい限りです。これからに期待しましょう。

151228-GBT04.jpeg

151228-GBT03.jpeg

151228-GBT05.jpeg

151228-GBT06.jpeg

151228-GBT07.jpeg

151228-GBT08.jpeg

151228-GBT09.jpeg

151228-GBT10.jpeg

151228-GBT12.jpeg

151228-GBT13.jpeg

掘り出し物にもありつけず、結局今回購入したのはガンダムUCの傘。ゴルフ用のサイズが実用的です。

151228-GBT15.jpeg

中島 大地 〇

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (259)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (216)
ブログ (6)
食べ物 (159)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth