ブログトップ > アーカイブ - 2015年02月

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』

2015年2月28日(日)

「我々は3年待ったのだ。」

待望の新作OVAの先行上映機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバルを公開初日に観ました。2011年のプロジェクト始動の発表以来実に3年待ちました。空前の大ヒットとなった機動戦士ガンダムUCが昨年6月に完結し心にポッカリ穴が空いていました。その穴を埋めてくれるかと期待したGのレコンギスタはどうも肌に合わずすでに観なくなっていまして、『THE ORIGIN』のこのタイミングでの公開は私にとっては絶妙です。

どうしても公開初日に観たくて、先日先行予約開始直後にネット予約を試みましたが、開始早々から回線が混雑し数十分後に回復した時には残りすでに数席。端っこの方の席でしたが辛うじて10:00am上映のチケットが取れました。そして今日、恒例の限定グッズをゲットすべく9:00pm頃に映画館に到着するもすでに数百人の長蛇の列。上映開始ギリギリにグッズを購入できましたが、人気のTシャツやタオル、トートバック等はすでに売り切れていました。そして劇場はもちろん満員と、不動のガンダム人気を再確認した次第。

150228-THE ORIGIN I

さて、作品について。もちろん良かったです。そもそも原作が安彦良和先生による大ヒット漫画であれば良くないわけがない。しかし原作を知っていても良い意味で裏切られる部分もあります。キャスバルとアルテイシアが母アストライアと離別する件(くだり)は漫画で読んで知っていても悲しくなります。最後の夜を過ごす「思索の塔」の皮肉な美しさ、メランコリックな音楽、優しくアルテイシアに語り掛ける母アストライアと、それを見てグッと堪えるキャスバル。自分のことのように悲しくなりました。

他にも、葬儀でのガルマのチラ見、アルテイシアを前にしてドギマギするランバ・ラル、父デギンに諭されるギレン、ハモンが時折見せる変顔等、安彦先生が漫画の中で表現していたちょっとした表情の変化や小ネタまでも上手く再現されていました。これは『ファースト』の頃にはアニメ技術的に困難だったと思います。そして今回の主演女優ハモンさんは実に色っぽかった。安彦先生特有の大きな腰周りや太めの二の腕も忠実に再現されていました。

もちろんアニメならではの醍醐味もあります。冒頭5分程度のメカアクションは"板野サーカス"で知られる伝説的アニメーター板野一郎氏が手掛けたフルCG。当初CGに半信半疑だった安彦先生も出来栄えを観て納得したそうですが、もちろん私もシビれました。まさに"新しいガンダム"の宣戦布告です。

声優陣も豪華です。シャアとギレン役以外の声優は全て『ファースト』から交代していると思いますが、どれも違和感なく入って来ました。キャスバルを担当する田中真弓さんがどうしても『天空の城ラピュタ』のパズーに聞こえて最初は抵抗がありましたが、この配役は安彦先生からの数少ないリクエストの一つだったと聞き納得しました。しばらく聴いてる内に慣れてしまいましたし。

『THE ORIGIN』は全4話の予定だそうですが、このペースで行くと原作漫画9巻~14巻の『シャア・セイラ編』から『ルウム編』までのオリジナルストーリーの部分が網羅されそうです。自慢じゃないですが、これはまさに2011年当時に私が望んだ通りの展開です。だから自慢じゃないですったら。

次なるTHE ORIGIN II 哀しみのアルテイシアは今秋公開の予定。これであと数年は戦えそうです。

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2015年02月

Nuts Return

2015年2月28日(土)

昨年からクルミにどっぷりハマってまして、特に殻付きのクルミは最高です。年末年始の台湾帰省で見付けたクルミを1ケースだけ日本に持ち帰って来ましたが程なくして底を尽き、どうしても食べたくて熊家(家内の実家)に頼んで4ケースほど送ってもらいました。が、それも程なくして食べ尽くしてしまいました。それでもクルミ欲求は収まらず、もう一回熊家にお願いして送ってもらうことにしました。費用の都合で今回は船便で。待つこと約3週間、先日待望のクルミが届きました。今回も4ケース。



待ちに待った"クルミの日々"が戻って来ました。

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2015年02月

海を越えたら上海、其の肆(完結編)。

2015年2月27日(金)

2月12日~15日の中島工務店中部住宅部研修旅行はいよいよ最終日。蘇州のホテルでの朝食は、さすが観光地だけあって口に合ってとても食べ安かったです。形式がバイキングにつき必然的に食べ過ぎ。

150215-上海01

食後は上海へ向かってバスで移動。多少の渋滞はありましたがほぼ予定通りに上海に到着。最終日のメインイベントはお買い物。一区画全てが土産物屋さんという豫園商城でしばし自由行動。

150215-上海02

春節が近いこともあってか装飾が華やかです。

150215-上海03

土産物屋さんではありますが、古く趣のある建物ばかりなのはさすが中国です。

150215-上海04

「豫園商城」の中を歩き尽くしたので区画の外に出てみました。"これぞ中国"といったお店があちらこちらに。

150215-上海06

こちらは韓国系のお店らしい。

150215-上海07

1:00pmにメンバーと合流して少し遅めの昼食へ。中国での最後の食事は、"元祖小籠包店"たる南翔饅頭店で。日本にも数店出店している押しも押されぬ老舗のようです。次から次へと出て来る小籠包をたらふく食べました。最後はもうほとんど義務的。

150215-上海08

150215-上海09

加トさんのお茶目な一面。

150215-上海10

今流行りのラジコンヘリ「ドローン」の偽物のようなおもちゃが売っていまして、一人のメンバーが買ったのを皮切りに次から次へと、結局6人が購入しました。騙されてなければ良いんですけど。

150215-上海11

「豫園商城」を後にし空港へバスで移動、そこで周さんと寧さんとはお別れ。二人はこの後故郷の大連へ。日本へ帰る私達の飛行機は1時間遅れた上、過去に経験したことがないほどの大揺れ。フライトが1時間遅れたことへの不満はありましたが、何より無事に日本に辿りつけたことにホッとしました。

150215-上海12

会社の枠組みでの海外旅行はほぼ初めての試みではありましたが、ナビゲーターの周さんと寧さんのおかげで、世界遺産、、建築や街並みの探訪、グルメ、買物と、通常の旅行者では経験することのできない中国旅行を何不自由なく満喫することが出来ました。恐らくもう二度とこんな機会はないと思います。本当に、本当にありがとうございました。

中島 大地

追伸
会社にと買って来たお土産を自分で食べてみました。とても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。お土産はやっぱり試食してから買うべきだと痛感しました。そして、安い物には訳がある。中国に行かれる皆さん、お気をつけ下さい。

150215-上海13

ブログトップ > アーカイブ - 2015年02月

おかげさまで勤続15年。

2015年2月26日(木)

私は2000年2月26日に中島工務店に入社しまして、本日勤続15年を迎えることができました。たくさんの衝突を重ねた15年でした。後悔はいくつかありますが語るに足りません。自己満足と自己嫌悪をを繰り返して、三歩進んで二歩下がりながら少しずつ前進して来ました。相変わらず不束者ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

150225-ワイン

以前ワインを購入した先から先日電話で売り込みがあり、勧められるままにワインを三本を買ってしまいました。いまだにワインの味なぞ分かりませんが。勤続15年の内祝いに一本開けてみようと思います。

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2015年02月

今年もやります、第3回舞台峠うまいもん祭!

2015年2月25日(水)

下呂と加子母の若人が力を合わせ成功させた昨年9月の第2回舞台峠うまいもん祭に続き、今年も第3回の開催が決定しています。第3回の実行委員長は持ち回りの順番で下呂側からの選出と決まっていて、以前からの友人ケンヂ君が第2回の打ち上げの場で早々に実行委員長に決定していました。加子母側からは副委員長を選出することになっていて、その寄合が昨晩ありました。

150224-うまいもん

結論から申しますと、副委員長の大役を不肖私めが拝命しました。第1回から関わっている者としてNOとは言えず、何より公私共に兄貴分である心平さんの大胆な指名にNOと言うわけにもいかず。

下呂・加子母の賑わいのために、そして自分の漢っぷりを上げるために、是が非でも「うまいもん祭」を成功させたいと思います。所信表明終わり。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (259)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (216)
ブログ (6)
食べ物 (159)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth