ブログトップ > アーカイブ - 2014年08月

県青連役員紹介、中島大地の場合。

2014年8月31日(日)

私、実は岐阜県商工会青年部連合会(いわゆる県青連)の役員を勤めておりまして、このたび「県青連役員紹介」に文章を寄せることとなりました。本来は28日が締め切りでしたが、無理言って月曜朝一まで延ばしてもらいました。滑り込みで初稿ができましたので、よろしければご一読下さい。


私の住む中津川市は岐阜県の東の端、長野県との県境に位置します。2005年に旧恵那郡北部の恵北地域と長野県山口村が編入合併し、人口8万人の新生中津川市が誕生しました。2027年に開通するリニア中央新幹線の岐阜県駅ができる街としても注目を集めています。

市町村合併と同じ頃、恵北地域の加子母・付知町・坂下・福岡・蛭川の五ケ町村の商工会が合併して中津川北商工会となりました。現在私は加子母支部に所属し、東青連と県青連の役員を勤めています。2年1期の任は早くも折り返しを過ぎました。活動を通じで知り合ったたくさんの仲間との繋がりは、これからの私の人生の大きな糧となるでしょう。

私は中学時代より加子母を離れ、高校・大学・就職を経て25歳で加子母に帰り(株)中島工務店に入社しました。今年で創業58年を迎える中島工務店は、土木・建築・社寺・住宅を手掛ける、いわゆる地域ゼネコンです。他にも鉄工・木材加工・コンクリート製造・舗装・食料品販売等も手掛けています。

中島工務店の”根っこ”は、地域の雇用を創出することです。加子母で生まれ育った若人のほとんどが一度は加子母を離れます。私もその内の一人でした。大人になって加子母に帰って来たいと願っても、加子母に仕事がなければ帰ってくることは叶いません。自分達ができることはできるだけ自分達の仕事とする。加子母が、帰って来ることができる故郷であり続けることが私達の願いです。

12年間青年部に在籍する中で、半ば義務のような活動に疑問を持ったこともありました。しかし40歳を目前にし、数年前に先輩から言われた言葉がようやく分かり始めました。青年部の活動は地域の仲間が共有できる”思い出”をつくるための場であること。「あの頃一緒に頑張ったよな」と、十年後二十年後に振り返ることができる思い出や仲間は一生涯の宝物です。もちろん青年部の活動には地域貢献や振興といった大儀はありますが、まずは地域を支える仲間との思い出づくりの場として、日々の活動を自分のために楽しんで欲しいと思います。


ノッポ林君、これでなんとかお願いします。

中島 大地 〇

ブログトップ > アーカイブ - 2014年08月

GOOD SOUL.

2014年8月30日(土)

行きつけの蕎麦屋さん「天照庵」で知り合った加子母在住のグラフィックデザイナーTAGさんから新作が届きました。前作に引き続き私の家族を描いて下さいました。

140830-GoodSoul

"GOOD SOUL"の文字、背景の柄、意味深な表情と、今回は妙にサイケデリックなタッチです。このままCDのジャケットになりそうです。TAGさん、いよいよ本領発揮ですね。

中島 大地

*業務連絡
小熊(シャオション、倅のこと)が左下の熊(ション、家内のこと)を指さして「70歳ぐらいかな」と呟きました。よろしければ熊だけは少々メルヘンチックにお願いできれば大変助かります。

ブログトップ > アーカイブ - 2014年08月

加子母木匠塾2014、閉校...?

2014年8月30日(土)

2週間におよぶ熱き加子母木匠塾2014の夏が終わりました。本日がその閉校式。

140830-加子母木匠塾閉校式

実のところ終わっていないチームもあります。まさに中島工務店が担当する京都大学連合チームが手掛ける旧佐藤家改築工事は1週間の工期延長です。そりゃあれだけ壮大な計画が2週間で終わるはずはありませんね。

閉校式を迎え、一区切りついてしまった後の工事は緊張を持続するのが難しいものです。これからが正念場。安全には特に気を付けて頑張って頂きたいと思います。そしてその成果は是非とも来年の開校式で聴かせて下さい。

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2014年08月

「そよ風勉強会」@長久手Studio。

2014年8月29日(金)

私達の目指す住まいづくりの大前提の一つ"自然エネルギーの積極利用"として最も注目しているのが太陽熱利用です。6月に誕生した長久手Studioではノーリツの太陽光発電+太陽熱利用のダブルソーラーを採用しています。

今日は更なる発展を目指して、「そよ風」のメーカー環境創機さんにお手伝い頂きそよ風勉強会を開催しました。東京支店・神戸支店から5名が参戦し、合計9名の勉強会となりました。友社長、加藤さん、この度は本当にありがとうございました。

140829-そよ風勉強会01

そよ風は、屋根面でつくった熱を空気に乗せて床下まで運び、家全体をほんのり温める空気集熱型太陽熱利用システムです。その業界では草分けであるOMソーラーシステムが有名です。今回の勉強会の目玉はそよ風2。その名が示す通り「そよ風」の進化版で、システムがシンプルで小振りになり、私達のお勧めする真天井にもマッチしやすいシステムになりました。

140829-そよ風勉強会02

勉強会もう一つの目玉が、最近開発され現在モニターを募集しているそよ換気。換気・循環・排気を行う換気扇に太陽熱利用を加えたもので、「そよ風2」の1/3の費用で1/3の性能を発揮するシステムです。全室床下暖房の元祖「そよ風2」ほどの効果はありませんが、基礎に蓄熱せず居室に直接温風を吹き出す局所暖房として計画すれば、元祖よりも更に採用しやすくなります。早速採用したいシステムです。

140829-そよ風勉強会03

3時間に及ぶ「そよ風勉強会」を終え、神戸支店からの刺客4人を交え長久手Studio品評会が始まりました。現在新拠点を計画中の神戸支店の面々には良い刺激になったのではないでしょうか。

140829-そよ風勉強会04

地域材の活用と低炭素化、省エネと自然エネルギーの活用。住環境+αの住宅価値を求めて、一つ一つ私達の答えを形にして行きたいと思います。

中島 大地 〇

ブログトップ > アーカイブ - 2014年08月

温泉っ子の覚醒。

2014年8月29日(金)

私達家族が温泉好きなのはこのブログでもしばしば触れるところですが、温泉好き家族に昨晩衝撃の出来事がありました。上棟式後の直会にお誘い頂いたので、熊(ション、家内のこと)に夕食の断りの電話を掛けると、「小熊(シャオション、倅のこと)が温泉に行きたいって言うんだけど」と。どうやら母親と二人で温泉に行き、一人で男湯に入るつもりのようです。「一人で大丈夫か?」と聞くと、電話の後ろで「大丈夫!」とシャウトする小熊。

父親の心配を他所に、小熊は、内湯、外湯、サウナと、一人で男湯を満喫し、その上湯上りのマッサージと飲むヨーグルトを楽しんだそうです。

140828-温泉っ子の覚醒

小熊が一人温泉デビューを果たし、私は家族で温泉に行く時の必要条件ではなくなりました。これから妻子だけでバンバン温泉に行くことでしょう。

私は、生き延びることができるか。

中島 大地 〇

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (259)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (216)
ブログ (6)
食べ物 (159)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth