ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

「静岡ホビーフェア」に行ってきました。

2010年9月27日(月)

昨日、遂に、遂に、静岡ガンダムに会ってきました!

100926ガンダム静岡に立つ!

7:00am、家族3人で自宅を出発、美乃坂本から中央線に乗り、名古屋から新幹線で静岡駅まで。各駅で東静岡駅へ。静岡ホビーフェアの会場に到着したのがちょうど11:00am。

東静岡駅からガンダムが見えました!熊(ション、家内のこと)も小熊(シャオション、息子のこと)もその大きさに驚いている様子。逸る気持ちを押さえられず、小走りで会場へ。会場に到着するや否や、「la、la・・・」と言う例の声が。それだけでもう興奮は最高潮!そしてBGMに合わせてガンダムが動き出しました!と言っても手が少々、首が少々ですが。メインカメラ諸々が光り、胸等から煙が出て来ました。30分毎にあるパフォーマンスです。

1/1リアルグレードのガンダム、ズバリすごいです。プロポーションは抜群ですし、立ち姿も凛凛しい!この30年の集大成です。「オヤジが熱中するわけだ」。ズバリその通りです。

そして何より、ガンダムの為だけに集まったたくさんの観客!まだ10年は戦えそうな気がしました。ガンダム、万歳!

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

祝10年連続200本安打達成!

2010年9月25日(土)

イチロー(さん)、10年連続200本安打を達成、おめでとうございます。

類稀な才能と、それに驕ることのない努力、そしてそれを長きに渡り継続してきたこと。イチローの素晴らしはさ語り尽くせませんが、何より低迷を続けるチームにあっても腐らなかったことが彼が「鉄人」である証明だと思います。

「見習いたい」なんて大それたことは言いません。夢と勇気を今日までありがとう!そしてこれからもよろしくお願いします!

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

ガンダム熱、再発。

2010年9月21日(火)

19日(土)は午後から映画鑑賞へ。機動戦士ガンダム00を観に、各務ヶ原のマイカルシネマへ。

正直なところ、ファーストガンダム以外にはあまり興味がなく、ましてや宇宙世紀でもないガンダムなんてガンダムにあらずと思っているんですが、ガンダムエースで読んでその存在を知っていた小熊(シャオション、息子のこと)にせがまれまして、「そうか、ヨシヨシ」とばかりに即決。

100919G00s.jpg

内容は、う~ん、アニメ映画としての質は高いと思うんですが、もともとのTVシリーズの続編と言うこともあって、映画だけ観てもイマイチ感情移入が出来ませんでした。小熊はと言えば、途中で転寝をしてしまった私とは対照的に2時間の映画を集中力を切らさず最後まで観ていました。感想も上々の模様。

そしてその後はゲームセンターへ。お約束の「マリオカート」と「百獣大戦」の他に、戦士の記憶なるガンダムのシューティングゲームを少々。イーオンには戦場の絆がなく残念。ある意味ホッとしてたりして。

100919戦士の記憶s

帰り際に、イーオンのジョーシンに寄って、ガンプラを物色。凄まじい品揃えの上に、ほとんどが3割引!「圧倒的ではないか。」小熊がねだって来たのは、HGのボール。う~ん、妙なところでわきまえているのだろうか。

さて次の日、私が帰宅すると、小熊が自作のガンダムを見せてくれました。ガンダムのコクピットだそうです。

100920自作Gs

さぁ、小熊のガンダム熱も復活の兆し。この勢いで聖地静岡へ。静岡ガンダム、here we come!

中島 大地

追伸
小熊から熊(ション、家内のこと)へ伝言。自作ガンダムを「今度は捨てないで下さい。」だそうです。

ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

「クリナップわいわい工場見学会」2日目。

2010年9月12日(日)

4日、クリナップわいわい工場見学会2日目。いつものように6:00amに目覚ましアラームで目を覚まし、布団の中で少々ウダウダ。そういえば有名な露天風呂があると聞いていたので行ってみました。その名も「与市」。その広さでギネスに認定されているそうです。確かに広い。その上ほぼ貸切状態。

露天風呂

贅沢な朝風呂の後は、贅沢な朝食。普段は朝食といってもパン1枚ぐらいですが、バイキングの朝ごはんでは、和と洋の朝食で2人前ぐらい頂きました。

食後は客室に戻ってしばしマッタリし、8:30amにロビーに集合。本日の見学会の行程が始まります。まずは登工房へ。

登工房

創業者の井上登氏の名前の付いたこの工房は、クリナップさんの社内訓練校です。ここでシステムキッチンの製造過程に携わる人々がステンレス加工や家具の製作の技術を磨くそうです。

こちらでは、クリナップさんの歴史が分かります。

クリナップの歴史

創業者井上登氏は、もともとは東京の下町で座卓を作るっていたそうです。時代の波で座卓が売れなくなりキッチンの製作を始め、そして出身地である福島県いわき市に工場を造り、炭鉱閉鎖後のいわき市を支えた一大企業です。今は当たり前に使っている「システムキッチン」と言う名前も、もともとはクリナップさんの商品名でした。それはあたかも志村けんの「最初はグー」のよう。

その後は創尊堂へ。こちらには代々勤め上げた社員さんが奉られているそうです。先祖を大切にする姿勢もクリナップさんの成功の秘訣かも知れません。

創尊堂

こちらが創業者井上登氏の銅像。

井上登氏

2日間の"研修"要素はここまで。ここからは福島観光です。まずは福島県の水族館アクアマリンです。

アクアマリン01

建築的にも見所満載です。

アクアマリン02

こちら、この水族館の目玉の一つ、セイウチ。見物客に慣れているのか、愛嬌タップリで、繰り返しシャッターチャンスを提供してくれました。

アクアマリン03

セイウチが何かを知らず、「セイウチって何です?魚?」と聞くと、参加者の一人に「中島さんのような動物です」と言われました。私、ここまでは大きくないと思うんですけど・・・。

大きな水槽がいくつもあり、そこへ差し込む光は幻想的です。

アクアマリン04

アクアマリン06

福井県の「恐竜博物館」でも感じた、驚きの"地方"の力を感じました。与えられた1時間程度の見学時間では到底観て回ることができないぐらい盛りだくさんの水族館。次は満を持して家族で来たいと思います。

そしてその後は「アクアマリン」の隣にあるら・らミュウで昼食。活気のある魚介類の市場です。

ららミュウ01

ららミュウ02

ゴッツォウと言えば相変わらず蟹。う~ん、蟹以外に何かないものでしょうか。

ららミュウ03

クリナップ商品の品質、クリナップさんの取り組みの姿勢、いわき市や福島県の活気。盛りだくさんの1.5日の見学会で、たくさん見せて頂きました。

中島 大地

追伸
研修の半分ぐらいは福島県の観光旅行だったような気も・・・。会社へはこんなお土産を買いました。そんな私のアメリカンジョークにクスッと笑って頂ければ幸いです。

ハワイアンズで遊んで来ました。


ブログトップ > アーカイブ - 2010年09月

「クリナップわいわい工場見学会」1日目。

2010年9月5日(日)

3日と4日、クリナップわいわい工場見学会にお招き頂きました。本当のところ、クリナップを採用したことは過去に数えるほどしかありません。しかしお付き合いの深いカネコ建材さんの林常務が(この上ないえこ贔屓で)特別にお誘い下さいました。

3日、6:00am前に家を出発し、8:00amに名古屋駅に集合。中部地方の販売店と工務店の合計30名ぐらいが集まりました。その後、新幹線と特急を乗り継いで4時間。上野駅からは林常務と隣同士で情報交換。これもまた収穫です。

1:30pm、福島県いわき市の湯本駅に到着。その名の通り、ぷ~んと硫黄の香りが漂って来ます。個人的には初めての福島県です。

湯本の街

到着や否や、見学開始。いわき市はクリナップさんの本拠地。数ある工場の中で3箇所で、システムキッチンとユニットバスの製造管理と工程を見せて頂きました。基本的には写真撮影はNGでした。残念。

クリナップ見学開始

唯一撮影許可を頂いた「クラフツマンメイド」のSUSのワークトップ部分。

ステンレスの天板

クラフツマン

システムキッチンとユニットバスのどちらにも細部にまで気が利いていて非常に良い!見えない部分での拘りには脱帽です。これが根強い支持を得ている理由ですね。

5:00pm過ぎで1日目の見学が終了。宿泊するスパリゾートハワイアンズへ。

ハワイアンズ

ハワイアンズの歓迎

客室は、10帖の畳敷きのスペースとシングルベッドが二つ。3人にはとても広い。浴槽は・・・クリナップ製、ヨシ!(指差し呼称)

部屋の浴槽

一時間ほどの自由時間に、数ある温泉の一つ、7階にある展望温泉へ。温泉に入ると、プ~ンとお茶の香りが・・・。なぜお茶?と思うと、シャンプーとボディソープがお茶の主成分のもの。正直なところ、せっかくの温泉が台無しのような気がします。

その後懇親会へ。乾杯の発声はカネコ建材の林常務。「え、ぼ、僕?」のような素振りでしたが、要点が上手くまとまったスピーチ。それもそのはず、実は3日程前に依頼を受けていたそうです。

上手い!

そして夕食。蟹と海老の豪勢なゴッツォウです。一身上の都合で私は食べられませんが。

夕食

こちら、小牧営業所長の友田さん。S46年生まれの大柄なお兄さんです。体育会系の清清しさがあります。

友田さん

宴も酣の8:00pm頃、今晩のメインイベントポリネシアンショーへ。数年前日本アカデミー賞の作品賞を受賞したフラガールの舞台になったのが、このホテルだそうです。映画自体はまだ観ていないんですが、知人からもらったサウンドトラックで歌には馴染みがありました。

「ポリネシアンショー」の会場は屋内プールの一角にあります。南の島を思わせる演出がたくさん。その一つ、南の島の大王さま。

南の島の大王

さぁ、ポリネシアンショー開演。まずはファイアーダンスのお兄さん。ファイアーダンスのテクニック以上に、その肉体美に関心しました。

ファイアー!

そしていよいよフラダンス。もちろんすごい。「フラガール」のおかげで、大筋のストーリー知っているせいか、感慨深いものがあります。

フラクライマックス!

1時間ほどのショーの後二次会へ。カラオケで1曲歌わせてもらい、二次会のお付き合いを早めにご無礼を。盛りだくさんの1日目が終了。前回の研修では怪獣の餌食になってほぼ不眠でしたので、今回は何とか早めに寝なくては。

中島 大地


profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (258)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (215)
ブログ (6)
食べ物 (157)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth