ブログトップ > アーカイブ - 2009年08月

最後の日

2009年8月31日(月)

世の中のほとんどの人には、今日は8月最後の日。私を含む世の中の一部の人には、お台場ガンダム公開の最後の日。楽しみにしていたにも関わらず、結局巡礼の願い叶わず。

そんな計画性のない私をヨソに、私の同僚は巡礼に行って参りました。お土産に写真を頂きました。

お台場RX78-2

ピッカ~と光ってるカメラがタヌキのようでかわいい。それにしても凛々しいこの立ち姿。30周年を迎え、益々磨きのかかる所は、もはやビートルズらの域に達したと言っても過言ではありません。

このお台場ガンダム、正式にはGREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの一部だそうです。東京オリンピックとパラリンピックの招致の材料にもなっていたようです。しかし冷静に考えてみると、これはなかなか強力な応援団かも知れません。

日本のアニメーションは、世界では「JAPANIMATION」と呼ばれ親しまれています。あくまでも私個人の印象ですけど(その上10年ぐらい前のものですけど)、アメリカで日本語の勉強をする生徒の約8割は、アニメを原語で観たいと言う動機でした。そしてその中の約8割はアニメの中でもセーラームーン観たさでした。

もちろんガンダムを好きなアメリカ人もいました。ま、セーラームーンほどの数ではありませんでしたが。何はともあれ、シカゴに住む人たちが、「あ、ガンダムがオリンピック招致を応援してる。シカゴでの開催は諦めなきゃ。」と思うかも知れません。

そもそも、これだけのお金を掛けて、これだけの期間しか公開しないのはなぜでしょうか。一体この世の中に何万人のガンダム世代がいると思っているのでしょうか。こんなにすぐに撤収してしまって、どの辺がGREEN TOKYOなんでしょうか。

私としては1年ぐらい公開しても良いような気がします。少なくともオリンピック招致の結果が分かるまでは公開すべきです。これでオリンピック招致合戦に負けるようなことがあれば、お台場ガンダムの公開期間の短さを責めざるを得ません。

何はともあれ、この現実を受け入れるとして気になるのは、今後このガンダムがお台場から撤収されてどうなるかです。私、情報不足です。スミマセンが、誰か知っている方、教えて下さい。

個人的には有名人が買取り、自邸か何かに移築し、引き続き一般公開してくれないかな~と、非現実的な希望を持っています。そう、ヤシマ財閥クラスの大金持ちが。

お後がよろしいようで。

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2009年08月

今時の500円

2009年8月27日(木)

今日は午前中に多治見市で建築しましたW様邸の完成検査に出掛け、帰りに昼ごはんを土岐市泉町の癒弊さんで頂きました。場所は国道19号線沿いのホームセンター、サンビックスの裏です。

癒弊さんは4年ほど前に当社で設計・施工させて頂いた居酒屋さんです。新店舗が出来てからはお昼も営業しています。私はあまりお酒が得意ではないので専らランチの客です。

癒弊さんのランチは素晴らしい!今時珍しいワンコインランチです。500円なんです。女将さんに「いつものヤツですね」と言われたので、「ハイ」と答えたら出てきたランチがこちら。

癒弊さんのワンコインランチ090827


煮カツ定食」と言ったところでしょうか。見て下さい、このカツの大きさ。もちろん私の目方を考えて、多少大きめのカツを選んでくれてるようですが。もちろん味もグンバツ!

左上の小鉢はゴーヤーの煮物みたいなものです。ニガくて美味しい。味噌汁も味がしっかりしていて豆腐もたくさん入ってます。

何度も繰り返しますが、これで500円ですよ。同じ商売人の目から見て、儲けがあるとは到底考えられません。

当然のように、癒弊さんのランチは1:00pm頃になるともう完売してしまいます。ま~この安さとその質の高さですからね。私も今までに1:00pmを過ぎてからお邪魔して悔しい思いをしました。今日はお邪魔させて頂くのが1:00pmを過ぎることが分かっていましたので、予め電話をしておきました。

気持ちのイイ若大将とベッピン女将さん。そしてもちろん500円ランチ。癒弊さん、私のオススメです!

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2009年08月

香港旅行記その4 HKDLへ

2009年8月23日(日)

台湾・香港旅行から帰って来て早くも1週間。この1週間は辛かった。1週間のブランクで溜まった仕事の消化に追われ、その上寝不足旅行の疲れからか体がだるい。今でもセキが出ます。

そして1週間経っても終わらない旅行記。今日はやっと香港旅行の最終日を紹介します。

8月14日(土)は、この1週間で一番晴れた日。気温も高けりゃ湿度の高い。とにかく暑い。タクシーや電車から降りると眼鏡が曇ります。

まずはIFCで空港のチェックイン。え、空港じゃないのに?そうなんです。空港に行くまでもなく香港市内で荷物が預けられる。これは非常に便利。

CI at IFC

その後は電車で空港方面へ。もちろん目的地は空港でありません。今日もお義母さんと義妹ペア、そして私達家族トリオの二手に分かれて行動。ショップホリック親子はもちろんショッピング、そして私達はHKディズニーランドへ。直通電車に乗り込みます。

inside train to HKDL

電車の中では、連日の疲れからか中々テンションの上がらない息子に「何乗ろうか?」と聞くと、「スパイダーマン」と返答が。やっぱりテンションが上がらない。私も真面目に「バック・トゥー・ザ・フューチャー・ライド」があるもとの思ってましたが。

直通電車は窓もネズミのマーク。ディズニーの徹底振りはさすがです。しかしこれだけの人が後から後から来ると思うとゾッとします。

HKDLstation.jpg


そしてHKディズニーランドで最初の記念写真。私はここでこのまま帰ってもいいかな、なんて思いながら...

at entrance HKDL

園内では偶然にも本日最初のパレード中。

parade.jpg

リトル・マーメードやジニーを見ると息子にも実感が沸いてきた様子。「バズに乗りたい!」と。ヨシヨシ、それじゃバズへ!

BUZZ01.jpg

待ち時間もそれなりに楽しい。その上涼しい。

BUSS02.jpg

20分ぐらいの待ち時間の末ライドに!

BUZZ03.jpg

基本的にはシューティングのゲームです。2~3人乗りで決められたコースを移動するカートから悪役を撃つというライド。中々良く出来ています。

BUZZ07.jpg

外で記念写真。

BUZZ08.jpg

実はこの日、このバズ・ライトイヤーのライドに合計3回乗りました。ムシキングといい、とにかく好きな物には入れ込む息子に引っ張り回されます。

これが2回目の記念写真。今度は悪役のザーグと。ポーズを真似して振り向いたら、手が逆でした。

BUZZ05.jpg

そして3回目の記念写真。アトラクションの外にあるレストランの入口付近です。

BUZZ06.jpg

その他にも行った所を少々紹介します。まずはスペース・マウンテン。おなじみですね。出口で売ってる写真、の写真。1年程前に行った東京ディズニーランドでは(もちろん私は抜きで)、息子は背が足らず乗れなかったそうで、これがスペース・マウンテン・デビュー。私も久しぶりに乗ってみると、思いのほか怖かった!

SM.jpg

シンデレラ城の前で記念写真。コーラをグビっと飲みます!

Cola at CC

そしてこちら「it's a small world」。待ち時間がほとんどないライド。それなりに面白かったですけど、内容はどちらかと言えば名鉄のリトルワールド向きです。

SW.jpg

こちらのライド、クマのプーさんが好きな人には堪らないかもしれないけど、私はちょっと...

WP.jpg

こちら「ミッキーのフィルハーマジック」のような名前の体感型の映画。昼食後に眠ってしまった息子をオブって並びました。

MPHM.jpg

台湾でみたピクサー映画「UP」(邦題は「カールおじさんの空飛ぶ家」だそうです。ほらやっぱりジブリのニオイがプンプンでしょ!)にも使われていた3Dを駆使し、もちろんステレオフォニック、そして風や水しぶきなどを取り入れた映画で、これはとても面白かった!

Theatre.jpg

そして最後に乗ったのは(実はバズの3回目が本当は最後)「ジャングル・リバー・クルーズ」。これも中々の長蛇の列。雰囲気が雰囲気なだけに奴隷船に並んでいるよう。

JRC01.jpg

30分程待ち、さぁ船へ乗り込み!映画「地獄の黙示録」の一幕を思い出します。

JRC.jpg

基本的にはジャングルの中を行くボートに乗るライド。途中でピラニアが出て来たりワニが出て来たりと、驚き満載で面白いライドです。

JRC03.jpg

最後では最大の驚きが!息子のチョット不安な顔がこちら!

DL10.jpg

3回目のバズを終え、やっと納得して帰路へ。疲れてヘトヘトの3人ですが、ちょっと寂しい。

on the way out

とにかく5時までミッチリ遊んだHKディズニーランド。1日使ったHKディズニーランドの地図の無残な姿。

HKDL MAP


17年前に行った東京ディズニーランドと比べると規模が小さくアトラクションも少ないHKディズニーランド。しかし1日で回るにはちょうど良かったかもしれません。ましてや定期的にヤンチャを言い出す息子を連れてはなおのこと。

行ってみるまではあまり興味はなかったのですが、実際行ってみると意外と面白い。さすがディズニーランド。まいりました!

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2009年08月

香港旅行記その3 蘭桂坊へ

2009年8月22日(土)

香港旅行第2日目の午後。二手に別れ、私達家族はホテルへ帰りお昼寝。ショップホリックのお義母さんと義妹は、香港旅行最大の楽しみハーバー・シティで引き続きショッピング。家内もショッピングに残りたそうでしたが、「今は子持ち。自覚しなさい。」と諦めさせてホテルへ。

ホテルに着くと、まず恒例のお風呂、そして恒例のお昼寝。とにかく中休みがないと長い一日は乗り切れません。

その後5:30pm頃ショップホリック二人組とランデヴー。ランデヴー・ポイントはIFC(インターナショナル・ファイナンス・センター)の3階にあるスィーツのお店「ハニー・デザート」。息子はまだ眠いようです。

HD.jpg

義妹曰く有名なお店らしい。しかし夕食を前にスィーツか。あまり気乗りがしないながらに頼んだスウィーツがこちら。

sweets at HD

なるほど、香港らしい。日本のスウィーツに比べるとやはり大味。でもそれは言いっこなし。結局それなりに満喫。

その後徒歩で、夕食を予定しているレストランのある蘭桂坊へ。ラン・クェイ・ファンのような発音です。北京語と広東語では発音が異なるそうですが。

LKF01.jpg

香港の有名人御用達って感じの場所だとか。白人もたくさんいます。この統一感のないチープなネオンがたまらなく良いですね。映画「ブラック・レイン」の大阪だったり、「ブレード・ランナー」の近未来LAのような感じで。「二つで十分ですよ~。分かって下さいよ~。」なんて聞こえて来そうです(分かる人だけ分かって頂ければいいマニア向けのネタです)。

ここでは義妹の高校の同級生と会食。表通りから一本入った路地にある「陸羽茶室」というレストラン。ちょっと迷いながらも到着。間口の狭い隠れ家のようなお店です。観光客向けのような感じではありません。香港に来て始めての香港らしい食事かもしれません。

中に入ると「大正ロマン」を思わせるオーセンティックな感じのレストランです。奥へ続く秘密の通路があって、奥の薄暗い部屋でアヘンを吸っている...て感じの映画でよく見る、時代を思わせるインテリアです。

dinner at LYTH

さて料理はと言えば、広東料理の典型といった感じで、「なるほど」感はありましたが、私は台湾料理全般の方が好みかもしれません。もちろん"臭豆腐を除く"台湾料理です。

お酒も入らず、1時間足らずの短い会食でした。と言うのも義妹の同級生が食後に仕事に戻らなければならないそうです。レストラン前で記念写真。

LYTH.jpg

外はスッカリ暗くなっていました。せっかく有名観光スポットに来ましたので、シルシ程度散策を。地名の分かるスポットで記念写真。本当シルシ程度です。

LKF.jpg

歓楽街からチョット変わった超高層ビルが見えます。このアンビバレントな感じ、まさに「ブレード・ランナー」!これが香港情緒なのかもしれません。

画像 4430001

結局、何をするわけでもなく少し歩いただけでタクシーを拾ってホテルへ帰り、今日の観光は終了。明日はいよいよ香港最終日。今までに増してハードスケジュールの予感。チョットセキが...新型?イヤイヤ、まさか。あとは気合と勢いで乗り切ります!

中島 大地

ブログトップ > アーカイブ - 2009年08月

香港旅行記その2 ハーバー・シティへ

2009年8月19日(水)

今回は2泊3日香港の旅第2日目をリポート。

1日目の夜は12:00am近くの就寝だったので、2日目の朝はちょっとゆっくり。朝はまず新聞に目を通して、と。

NP.jpg

台湾では台風の影響で死亡者が出たり大変なようです。

さて、9:00am頃に出発。外は相変わらずの雨。MTRの駅の近くのファーストフード店のような所で手っ取り早く朝食を。食事を終えたら今日は電車で移動。

MTR.jpg

着いた先は九龍島。海沿いのチムシャツォイプロムナード(その時は名前を知りませんでしたが)を散策。向こう側は香港島です。

HC.jpg

そしてブルース・リー、再び。今度はなかなか厳ついブルース・リーです。

BLatHC.jpg

この通りはハリウッドにあるチャイニーズシアター前の通りを真似しているのか、地面に有名人の手形が埋め込んであります。ジャッキー・チェン、ジェット・リー、チョウ・ユン・ファ、トニー・レオン、ジョン・ウー、ツイ・ハーク、挙げれば切りがりません。その中でもヤッパリこの人でしょ。

BL.jpg

この他にも、息子が偶然見つけた有名人がこちらです。

WallE.jpg

息子曰く、「赤いWALL・E(ウォーリー)!」だそうです。単なる消火栓に感動。子供のイマジネーションには驚かされます。

有名人の手形をたどりながら向かった先は、とても大きなショッピングモール、「ハーバー・シティ」。チッ、つまりそう言うことか。なんだかマンマとはめられた気がします。

HarbourCity.jpg

超高級ブランドと、日本切っての庶民派ブランドが共存する不思議な空間です。ま、香港の無印良品はそれほど安くはないですけどネ。

HCSC.jpg

ショッピング・モールの中は本当に苦痛。私にとっても、そして息子にとっても。ここで1時間ぐらい二手に分かれることとしました。もちろん息子と私のペア、そしてショップホリックのトリオです。

実は香港に着いてからこっち、息子がず~とグズグズ言っています。それは台湾でゲットしたムシキングカードを全て台湾に忘れて来てしまったからです。この二人の時間を使ってダメモトでゲームセンターを探してみました。そしたらありました!ショッピングモールの中にありました!

早速息子がムシキングのゲームを探してみると...これまたありました!早速チャレンジ!

MKinHK.jpg

よく見てみると、このムシキングは英語です。台湾では中国語、日本ではもちろん日本語。息子はムシキングを3か国語で制覇しました!ま、理解してはいないでしょうけど。

ゲームセンターでの1時間はアッと言う間でした。約束の時間に約束の場所で合流。そろそろ昼食を、と言う運びになりまして、レストランを探していると、ありました!

VNcuisine01.jpg

そうです、ベトナム料理!私、ベトナム料理大好物なんです!家族を説得し、いざ。店内では丁度良い席に案内してもらいました。記念写真を一枚。

VNcuisine02.jpg

さ~て、ベトナム料理と言えば、まずは生春巻きとお米のヌードル、フォーですよね。すっぱいスープと香菜、そして辛唐辛子がたまりません!

PHO!.jpg

そう言えばココナッツジュースもベトナム料理の定番でした。これまた最高!

coconut juice

お店の手違い(?)で生春巻きは最後に出てきました。もう~、ダメ~!入りません~!

fresh spring rolls

「香港に来てなぜイタリアン?なぜベトナミーズ?」と聞こえて来そうです。実際、家族からもそんなツブヤキが聞こえて来ました。が、んなことはど~でもいいんです。美味いものは美味い!結局食後には家族からも「美味しかった」絶賛してもらいましたし。とにかく、「ハーバー・シティに来て、良かった~!」(織田雄二のモノマネ風に)

さて、私の息子はと言えば、ムシキングカードもゲットしたし、おなかもイッパイになったし、眠くなって来たし、恒例の寝転びモード全開です。

like always

まったくどこでも寝転びやがる。ま、そんなこんなで作戦変更。私達家族とお義母さん/義妹ペアは二手に別れ、私達はホテルへ。

帰りは有名は「スター・フェリー」で香港島まで。息子はすっかり眠くなっちゃいました。

at star ferry

結局フェリーを降りてからホテルまでまたもやオンブ。ホテルに着いたら急いでお風呂に入って、「夜の部」へ向けてお昼寝を。「夜の部」は義妹の同級生と会食予定。2泊3日香港の旅、なかなか過酷なスケジュールです。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (258)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (215)
ブログ (6)
食べ物 (157)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth