FC2ブログ

ブログトップ > アーカイブ - 2009年06月

久々のバスケット

2009年6月21日(日)

今日は構造材検査で午前中出社。「構造材検査」とは、これから家を建てさせて頂くお客様と一緒に、その家の構造材を加工前に検査をすることです。検査項目は主に、木材の部材寸法の確認、含水率の確認、和室などの柱の確認などですが、何よりも加工前の圧倒的な量の木材をお客様にご覧頂き、木造建築のロマンを実感して頂くのが大きな目的です。

構造材検査も無事終了した頃、一緒だった同僚のマサオ君に「バスケットしに行こうか」と半分冗談で言ってみると「いいっすよ」とハギレの良い返事。

実は先日(株)中島工務店で「NORIOカップ」が開催されました。社員の中でバスケット人口が多いので、各支店対抗でバスケット大会をやろう、といったきっかけでしたが、男女合わせて30人以上が集う大きな大会になりました。

私はと言えば、数年ぶりの試合形式のバスケットに、最初の試合20分で足がつってしまい、2試合目は欠場、3試合目は辛うじて半分出場といったブザマなものでした。ま、最初から分かってたんですけどね。シュートが入るとか入らないとかじゃなくて、とにかく走れることがNORIOカップでは大切なんです。と言うわけで運動しなくちゃと思っていた矢先、マサオ君が後押ししてくれたというわけです。

一旦家に帰り、息子に「一緒にバスケット行くか」と聞くと「ウン」というので、早速二人でバスケットコートへ。マサオ君がいない間にしっかり準備体操を。まもなくマサオ君到着。

準備運動の後、早速二人で10点先取の1対1を。マサオ君のネバネバディフェンスに圧倒され、「バスケットってこんなに面白くなかったけ。」と思いながらも辛うじて私の勝ち。前回からの勝敗は1勝1負。目の前が白くなって来たのでこの辺で休憩。というか終了。

その間私の息子がマサオ君に特訓を付けてもらいました。

特訓中

私がバスケットを始めたのが中学1年生。きっかけはバスケット部だった兄の影響か、はたまた強制かって所です。同じ部活でもやっぱり小学校からの経験者は一味違いましたね。ボールのハンドリングが良いのはもちろん、体がそれなりに出来ていて足も速かった。なんとか私の息子にも小学生の内からバスケットをさせてあげられないだろうか...マサオ君、頼んだ!

っと、鬼コーチの指導に疲れ、息子もちょっと一休み。

休憩中

今日はチョットぐらい仲の良い親子に見えたかなぁ。ま、マサオ君に預けていただけですけど。マサオ君、ありがとうございました!

中島 大地


ブログトップ > アーカイブ - 2009年06月

蕎麦の「すぎむら」さん

2009年6月20日(土)

名古屋での一日がかりの講習をなんとか生き延び、中津川へ無事帰還。そろそろ夕食という頃、加トさんから「中津川市内にある蕎麦屋さん行ったことある?」と。来た来た、待ってました。「行ったことはないですけど、噂には聞いたことあります。」

ということで、行き先は一路噂の蕎麦屋さんへ。中津川のアピタの裏通りにある蕎麦屋さん「すぎむら」さんです。「噂には聞いたことがある」とはマンザラ嘘ではなく、付知町在住の私の両親の知人の生まれ家です。以前より私の母よりその噂を聞いていました。

すぎむら正面

杉板を配した小洒落た外観。表の写真撮影も終わり、さて店内へ、と思うと小太りの猫が通り道に陣取ってます。マネキネコだか、はたまたマネカザルネコだか...

マネキネコ

中に入って早速注文を。加トさんはとろろざるそばを、私はオーソドックスにざるそばを。もちろん大盛です。私達が一番客のか、まもなく蕎麦が出てきました。

すぎむら蕎麦

私は蕎麦の味なんてものを評論する立場ではありませんし、そんな語彙も持ち合わせていません。そんな私の感想―蕎麦らしい味がして、また食べに来たいと思いました。

私の場合、初めて食べた蕎麦が「こりゃウメ~」ってことはありません。数回食べるうちになんだかおいしさが分かってくるような感じです。そもそも「おいしい」というより「なんだか癖になる」と言った感覚なのかもしれません。つまり分かれ目は2回目を食べたいと思うかどうかです。

「すぎむら」さんの蕎麦、また来ます!

中島 大地


ブログトップ > アーカイブ - 2009年06月

高断熱住宅の総合基礎講座

2009年6月20日(土)

今日は朝から一日講習。場所はポートメッセなごやです。9:30amから4:30pmの、まさに"講習"でした。設計仲間の加トさんと二人で受講しました。

高断熱講習風景01

テーマは「高断熱住宅の総合基礎講座」。長期優良住宅仕様を考える上で(株)中島工務店が苦労しそうな項目が「断熱」です。断熱性能は厚みが肝心。しかし私達のように柱を現す昔ながらの「真壁」を採用している家造りではその厚みが確保し難い。そんなこんなで今日の講習を楽しみにしてました。

講師は室蘭工大の鎌田紀彦先生。日本の住宅の断熱では第一人者と言える人ではないでしょうか。

鎌田紀彦氏

鎌田先生のモットーは安く高断熱を実現すること。その答えとしてグラスウールによる断熱方法の説明が今回の講習の目玉です。

昨今の住宅業界には"脱新建材"なるブームがあります。これは揮発性有機化合物等によって引き起こされる、いわゆるシックハウス症候群に対する反動のようなものと私は解釈しています。その中で"脱グラスウール"や"脱プラスターボード"を謳うことが私達のような工務店のステータスのように語られていますが、これらは全てコストアップに繋がります。当然ながらすべて建て主さんの負担になります。

以前別の講習で、「グラスウールに対するマイナスイメージや苦手意識を全部書き出して、それらの根拠を一つ一つ確認してみると、案外根拠がないのが分かると思います」と言われました。ウ~ン、ごもっとも。私も"脱グラスウール"は当然のような気でいました。しかし住まい手さんへの最大限のメリットを考える上で、私達のようなプロフェッショナルが神話めいたブームに右往左往してはいけませんね。

日の講習の収穫。グラスウールの性能とコストのバランスの再認識。グラスウールってやっぱりスグレモノです。私達工務店が正確な知識を持ち、グラスウールも選択肢の一つとして建て主さんに正確な情報と共にご提案できなければなりませんね。

中島 大地


profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (168)
家族 (313)
映画 (63)
(株)中島工務店 (216)
住宅建築 (416)
社寺建築 (29)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (134)
NBA (100)
蕎麦 (47)
地域 (296)
ブログ (9)
食べ物 (242)
basketball (25)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (8)
講習 (81)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (27)
SAREX (9)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (84)
小熊語録 (8)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (25)
地球の会 (16)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (87)
商工会 (59)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (113)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (23)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (10)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (8)
木材利用 (5)
文化 (2)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (13)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (46)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
岐阜県工業会ベトナム視察ホーチミン (6)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth