FC2ブログ

ブログトップ > アーカイブ - 2009年05月

"Royale with cheese"

昨日は、もうすぐ5歳になる息子が、「仮面ライダー電王&ディケイド」とか何とかって言う映画が観たいと言うので、各務ヶ原のイーオンにあるマイカルシネマまで行って来ました。その途中で、マクドナルドに寄り、今流行りの「クォーターパウンダー・チーズ」を注文しました...正確にはそれは家内が注文し、私は「ダブル・クォーターパウンダー・チーズ」を注文しました。

実はこの「クォータパウンダー・チーズ」は、フランスでは"Royale with cheese"と呼ばれているらしい...今は分かりませんが、少なくても15年ぐらい前は。そう、知る人ぞ知る、「PULP FICTION」の一幕です。

なぜ、"Royale with cheese"かと言うと、フランスではメートル法を採用しているので、クォーターパウンドがどれぐらいなのかが分からないから、だそうです。

ふ~ん...ってじゃあ日本もそうじゃん!日本でも何か名前が必要かもしれませんね。

ちょっと計算してみましょう。1ポンドは450グラムぐらい。その1/4なので、110グラムちょっと。すると「110グラム・チーズ」と言った所でしょうか。あっ、私はそのダブルなので「220グラム・チーズ」を食べたと言うわけです。しかしあまり響きのいい名前じゃありませんね。やっぱり「クォーターパウンダー」ですかね。

私は、実はあまりマクドナルドへは行きません。行ってもセイゼイ1ヶ月1回程度かな。でもなぜか私の息子はハッピーセットのおもちゃをたくさん持っている...家内によ~く言っておかなくちゃ。

そんな私がなぜマクドナルドへ行ったか。それは「PULP FICTION」を紹介したかったから。私の大好きな映画で、今までにもう何十回と観ました。

とにかくこの映画はスゴイ!初めて観た頃は興奮して、その夜寝られなかったことを思い出します。監督は「KILL BILL」シリーズで一躍有名になったクエンティン・タランティーノ。カンヌでは作品賞、アカデミー賞では脚本賞を受賞しました。

この映画の画期的な部分をいくつか紹介します。まずはこの映画が出演俳優に与えた影響。何をやってもダメだった往年の名優ジョン・トラボルタが、この映画で再起を果たしました。そしてブルース・ウィルス。それまでアクション俳優だった彼を、ドラマ俳優のレベルに押し上げました。もちろん、サミュエル・L・ジャクソンもこの映画をきっかけとしてその存在価値を広く認められたわけです。その他にも登場した俳優のほとんどに、何らかの転機となったと言えるでしょう。ま、これらは私の勝手な意見ですけどね。

次ぎにその脚本。15年以上経った今でも、その口調やセリフの調子を真似たような映画がたくさんあります。クエンティン・タランティーノ特有のあの口調が影響を与えた脚本家が、今のハリウッドを牽引していると言っても良いのではないでしょうか。

最後にそのスタイル。一つの映画の中で、いくつかのストーリーが別々に始まり、少しずつお互いの関係性が明らかになって行く。「PULP FICTION」以前にもそんなスタイルの映画はありました。でも私の知る限り一番そんな見せ方が効果的だったのがこの映画でしょう。そしてその後、そんな手法の映画がたくさん現われたのは言うまでもないでしょう。

当時学生だった私は、クエンティン・タランティーノ映画に憧れ、多大な影響を受けたものです。そんな「PULP FICTION」に対するオマージュを込めて、例のハンバーガーを私は「Royale with cheese」と呼びたい。


中島大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (168)
家族 (311)
映画 (63)
(株)中島工務店 (213)
住宅建築 (411)
社寺建築 (29)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (134)
NBA (100)
蕎麦 (47)
地域 (295)
ブログ (9)
食べ物 (240)
basketball (25)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (81)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (27)
SAREX (9)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (84)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (25)
地球の会 (15)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (86)
商工会 (59)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (113)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (23)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (10)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (7)
木材利用 (4)
文化 (2)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (13)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (45)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth