ブログトップ > カテゴリ - アニメ

「MISS D.J.」

2018年1月30日(火)  

以前「超時空要塞マクロス」のTV版を観たことをこのブログに書いたところ、同世代の知り合いがMISS D.J.なるCDを勧めてくれました。そこで先日早速南米経由で入手しました。

180129-MISSDJ

リン・ミンメイがDJを務めるマクロス艦内のラジオ番組という設定で、リン・ミンメイのインタビュー、一条輝等のゲスト出演、リスナーからの投稿等趣向も盛りだくさんの上、コマーシャルや統合軍への勧誘があったり、いきなり戦闘が始まったりと演出も実に手が込んでいます。リン・ミンメイが歌う「イエスタディ」、「スカボロ・フェア」、「風に吹かれて」、「リリー・マルレーン」等はとても貴重で、聴き応えのある45分間です。こんな企画物は当時ファンにはたまらなかっただろうと想像します。個人的には世界観がディープ過ぎて、楽しみながらもいささか引いてしまいますが。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - アニメ

「超時空要塞マクロス」

2018年1月19日(金) 〇  

今回の台湾帰省で、アニメ超時空要塞マクロスのTV晩のDVDを購入しました。しっかりとした商業ビルに入っているしっかりとした店舗で買ったしっかりとしたDVD...のはずです。

「マクロス」は1982年にTVシリーズ36話が放送され、1984年に映画「愛・おぼえていますか」と続き、その後も続編がいくつも作られてた、「ガンダム」と人気を二分するロボットアニメの金字塔です。アメリカにも渡り「ロボテック」の名で親しまれています。但し「モスピーダ」や「サザンクロス」を加えて一つの物語に編集されているようです。

180118-超時空要塞マクロス

1984年、兄貴や従兄弟と共に親戚のおじさんに名古屋の映画館に連れて行ってもらって、「愛・おぼえていますか」を観ました。今では珍しい立ち観です。社会人になってからもDVDを買って何度も観ました。サントラも何度も聴きましたし、今でも頻繁に聴いています。一方TV版は、放送当時に観たきりで、その当時も"お塾"があって毎週欠かさず観ていたわけではありませんでした。

こうして改めて観てみると色々と発見があります。まずは映画版とは多少ストーリーが違います。映画版では男のゼントラーディ軍と女のメルトランディ軍が戦っていますが、TV版はゼントラーディ軍に男も女もいて、観察軍なる敵と戦っています(この観察軍がなんなのかはよく分かりませんでしが)。TV版では物語の中核を担っている"味方殺し"のカムジンも映画版ではチョイ役ですし、リン・ミンメイは物語のスタートですでに売れっ子アイドル歌手になっています。

36話を2時間の枠に納めるというウルトラCを見事にやってのけたのが「愛・おぼえていますか」ですが、そのために割愛されてしまった物語の奥行がTV版の見どころと言えます。アイドル歌手誕生の軌跡と転落、ラブコメさながらの三角関係、巨人の文化への目覚め、亡命、共同戦線、異文明恋愛と結婚。ロイとクローディアの思い出話や、早瀬未沙の逸話も貴重です。エクセドル参謀のリン・ミンメイのマネや、"仲間殺し"のカムジンの最後の言葉「後で文化しようぜ!」等、名場面・名台詞もTV版ならではの演出です。

TV版で残念なのは、作画が実に粗い。「ガンダム」のTV版でも主に安彦良和氏が入院していた部分の作画は酷いものですが、「マクロス」はそれをはるかにしのぐ粗さです。「マクロス」と言えば「板野サーカス」ですが、板野一郎氏が手掛けたであろう回とそれ以外のクオリティの差は歴然です。

思えば、現在連載中の(はずの)美樹本晴彦氏が描く「超時空要塞マクロスTHE FIRST」が、2015年6月に第6巻が出て以来音沙汰がありません。美樹本先生、続きが読みたいです!

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - アニメ

MARI IIJIMA sings LYNN MINMAY

2017年12月20日(水) 〇  

久し振りに立ち寄った中古ショップで、MARI IIJIMA sings LYNN MINMAYなるCDを見付けました。2002年、「超時空要塞マクロス」20周年の折に発売されたアルバムで、全曲再録音です。リン・ミンメイ、いつまでも色褪せない、私達の永遠のアイドルです。

171220-マクロス20周年CD

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - アニメ

"リライフ"違い

2017年5月2日(火) 〇  

昨日は、午前中に名古屋市内で用事を済ませ、午後は昨年12月にオープンしたイオンモール長久手に行ってみました。長久手スタジオから歩いて行ける映画館のオープンを心待ちにしていましたが、結局初めて訪れたのが昨日でした。

夏用のズボンを買おうと思い少しブラブラしましたが目を引くものとは出会えず、それじゃ映画でもと思い上映時間の合う映画を探してみると、リライフなる映画がありました。どんな映画かとインターネットで検索してみると、どうやらヒュー・グラント主演のラブコメディのようです。「久しぶりのヒュー・グラントか。悪くない」と思いチケットとポップコーンを買って入場すると、入口でこんな小冊子を手渡されました。どうやら思っていた映画とは違うようです。

170501-ReLIFE

「リライフ」は人気アニメを実写化した学園ラブコメでした。その舞台は私の学生時代とは全く別世界で少しも感情移入ができない上、そもそも中年男性が一人で観に来る映画でもなく、いつ出ようかいつ出ようかとタイミングをうかがっていました。が、物語が進展するにつれて少しずつ面白くなっていき、結局最後まで観てしまいました。詳しい感想は差し控えますが、なんだかんだ言いながらそれなりに楽しんだ上に最後はチョッピリ感動しました。稚拙な検索間違いがもたらした心地良い驚きです。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - アニメ

「君の名は。」

2017年1月8日(日) 〇  

日本国内に留まらずアジア諸国で旋風を巻き起こしている昨年のアニメ映画君の名は。を、台湾から帰って来る飛行機の中でやっと観ることができました。辛うじて涙はこらえましたが、何気ない場面一つ一つに感動しました。ただ一つ、飛騨弁にはほんの少し違和感がありましたが。

170105-君の名は。

幼少期からアニメーションをこよなく愛する私にとっては、日本のアニメ、通称"ジャパニメーション"が世界で評価されるのは嬉しい限りです。宮崎駿監督を軸とする"ジブリ時代"が一区切りし、ジブリを巣立った監督達が独自のテイストを確立し、現在の日本アニメーション界を牽引しています。これからのジャパニメーションはますます面白くなりそうです。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (2)
自分 (147)
家族 (282)
映画 (56)
(株)中島工務店 (170)
住宅建築 (359)
社寺建築 (21)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (131)
NBA (98)
蕎麦 (44)
地域 (226)
ブログ (6)
食べ物 (190)
basketball (21)
スポーツ (27)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (11)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (74)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (25)
SAREX (8)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (82)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (67)
エコアイデア (7)
舞台峠うまいもん祭り (80)
商工会 (57)
かしも山歩倶楽部 (14)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (4)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (91)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (22)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (6)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (17)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (5)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (3)
木材利用 (0)
文化 (1)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (12)
かしも木匠塾 (22)
プロジェクトTERRA (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth