FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - 台湾木材産業調査2017

台湾木材産業調査2日目午後、台北設計建材中心へ

2017年12月18日(月) 〇  

台湾木材産業調査の2日目、台北ビルディングショーを後にして午後からは台北設計建材中心(台北デザインマテリアルセンター、TDMC)を訪れました。昨年オープンしたばかりの施設で、住設機器や家具、壁紙やカーテン、建材や小物、音響システム等、多岐に渡る住宅のアイテムを展示販売しています。平日は専ら専門家が、週末は一般のお客様が来場するそうです。知名度も少しずつ上がり来場者数は伸びているそうです。

171214-TDMC01

玄関を入ったすぐに飛騨産業の家具達が大きく展示してありました。上階には日進木工や天童木工のコーナーもあり、思えば日本企業の展示が多い印象です。

171214-TDMC02

各種銘木の一枚板の展示も充実していました。こちらも日本製が大半。

171214-TDMC03

家具も日本製、または日本風のものばかり。

171214-TDMC04

台湾桧でできたこの家具は、一度日本に輸出されたものを買い戻したそうです。台湾での昨今の木製品ブームが伺えます。

171214-TDMC05

所属のデザイナーさんに各階を丁寧にご案内頂き、その後は情報交換会、そしてお土産まで頂いてと、至れり尽くせりの視察でした。台湾では日本製の木製品が重宝されていることを再確認しました。ちなみにこちらの建物の7階には大きなセミナールームもあり、「岐阜県物産展を」なんてアイデアも参加者の皆さんの脳裏を過ぎったようです。

171214-TDMC06

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 台湾木材産業調査2017

台湾木材産業調査2日目、台北ビルディングショー2017へ

2017年12月16日(土) 〇  

14日、岐阜県林政部県産材流通課が主催する台湾木材産業調査の2日目は、台北南港展覧館で開催中の台北ビルディングショー2017を視察しました。

171214-台北BS01

最初に向かった先は、プロチャンネル・インターナショナル(全家國際有限公司)のブース「全家健康住宅」。私達が提供する東農ひのきや長良すぎの板材を台湾で販売しているパートナーです。今回の台湾木材産業調査に参加した理由の一つが実はこの表敬訪問でした。

171214-台北BS02

中国語版の中島工務店のパンフレットを作成し台湾でPRしてくれています。私達は日本から持参したカレンダーやパンフレット、DVD等(合計30kg超!)をお渡ししてほんの少しだけ加勢しました。そして木材提供を更に一歩進めた工務店としてのお手伝いや、台湾の富裕層を相手とした加子母ツアー、台湾の技術者育成のためのインターンシップ等、限られた時間ではありましたが色々と相談しました。

171214ーPCI

さて、台北ビルディングショーを一回り見ました。基本的には日本の建築総合展とよく似た雰囲気ですが、無垢の木材や純粋な木造建築をPRするブースは実に少なく、それに代わって合成木や擬木、木質を模した仕上げ材等をPRするブースの多さに驚きました。又、日本企業と言えば大手の建築部材メーカーばかりで、韓国の建築展で見たような材木店や工務店の出展はほぼ皆無でした。前日に台湾科技大学の林教授から伺った通り、木材利用においては台湾はその戸口に立ったばかりなんだと感じました。

171214-台北BS11

そんな中でひと際目を引いたのが國産材臺灣館です。国の外郭団体による国産材推進のブースです。他よりも大き目のブースでしたが来場者でごった返していました。国産材利用への国の意気込みと、民間レベルの注目の高さが伺えます。

171214-台北BS05

171214-台北BS07

171214-台北BS10

一般来場者に対する国産材利用のメリットを説明する展示も。二酸化炭素の固定、排出量の削減、再生可能エネルギー、建築素材としての万能性、温湿度調整の働き等が簡潔に分かりやすく説明されていました。

171214-台北BS06

ブログでは行程2日目ですが、先ほど三泊四日の視察を終えて無事日本に帰り着きました。今回の視察を通じて台湾の木造市場が少し見えきた気がします。詳しくは後日、台湾木材産業調査の総括で書きたいと思います。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 台湾木材産業調査2017

岐阜県の台湾木材産業調査1日目、国立台湾科技大学へ

2017年12月15日(金) 〇  

岐阜県林政部県産材流通課が主催する台湾木材産業調査で、13日から台北に来ています。岐阜県からの視察団は計9名。14日から始まる「台北ビルディングショー2017」視察がメインです。行程1日目は、国立台湾科技大学と徳島県が共同で大学敷地内に建築した徳島県産材ショールームを見学しました。実は私は前回の台湾帰省の折に建築中を見に来ました。

171213-台湾科技大学01

171213-台湾科技大学02

見学に先立ち、プロジェクトを主導した建築系の林慶元教授が台湾の木造建築事情をご説明下さいました。台湾では伐採規制により木材自給率がわずか数%で、当面は3%まで引きあげるのが国の目標です。高温多湿で蟻害も深刻な問題である上に、防火に対する規制緩和も進んでおらず、木造建築は郊外でわずかに建てられているだけで、都市部では内装の木質化が少しずつ始まってる程度です。しかし国民は木造建築や木質内装に少しずつ興味を持ち始めていて、徳島県産材ショールームの建築プロジェクトに象徴されるように、日本の木造建築技術を学ぶ姿勢があります。

171213-台湾科技大学04

岐阜県からの視察団は「このショールームが岐阜県だったら」と徳島県の取り組みを羨ましく思うのが本音です。ことに私は、3年前の夏に「日本大工技術ワークショップ」で一週間台湾科技大学の王研究室の学生さんと交流し、その後も数名と連絡を取り合っているので尚更です。もし木造建築や大工技術で留学の希望があれば、中島工務店が是非とも協力させて頂きたいと林教授にお伝えしました。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (2)
自分 (184)
家族 (332)
映画 (68)
(株)中島工務店 (230)
中島とつくる家 (180)
住宅建築 (288)
社寺建築 (30)
公共建築 (15)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (136)
NBA (102)
蕎麦 (51)
地域 (325)
ブログ (9)
食べ物 (260)
basketball (28)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (8)
講習 (82)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (28)
SAREX (11)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (86)
小熊語録 (8)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
漫画 (26)
木KEYPoint (39)
地球の会 (17)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (87)
商工会 (62)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (122)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (12)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (13)
木材利用 (10)
文化 (2)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (14)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (53)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
岐阜県工業会ベトナム視察ホーチミン (9)
台湾旅行記2019 (3)
加子母教育協議会 (12)
木まま工房 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth