FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - 音楽

2年目の愛知県芸大トロンボーンの加子母合宿

2018年9月6日(木) 〇  

愛知県立芸術大学の倉田先生が率いるトロンボーン奏者の皆さんが、二泊三日の加子母合宿に来ていまして、昨晩は最後の懇親会にお呼ばれしました。この合宿は昨年に続きこれで2回目。まずは10ヵ年計画でという運びになりました。

180905-愛知県立芸大トロンボーン奏者の加子母合宿

超大型の台風21号の接近で合宿の遂行が危ぶまれましたが、台風が最接近する前に加子母入りしてあとは凌ぐという作戦で決行されました。しかし台風の最接近時には宿泊していたバンガロー村が停電になり、急遽ふれあいのやかたかしもへ移動し練習を続行したそうです。そんなこんなでメンバーの皆さんはヘトヘトで、昨晩の懇親会で予定していたプチ発表会は割愛になりました。

愛知県芸大の皆さんには、9月30日に開催する「第6回舞台峠うまいもん祭」の午後の部で演奏して頂くことになっています。今回は演奏を拝聴できなかった分、9月30日が今から楽しみです。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 音楽

スギキ・クインテットの加子母合宿

2018年9月1日(土)  

昭和音楽大学の杉木淳一朗先生とその門下生4名が、二泊三日のトランペット合宿で加子母にいらっしゃいました。合宿最終日の今日は、その成果の一部をお披露目して下さいました。淳一朗先生は、明治座クラシックコンサートの初期メンバーの杉木峰夫教授のご子息です。峰夫先生は数年前に東京藝術大学をご退官後、愛知県立芸術大学の教授を務めていらっしゃいます。古いご縁が新たなご縁に繋がり、今回の合宿が実現しました。

180901-昭和大学ご一行様03

数曲を演奏して下さいましたが、お恥ずかしながら私の知っていたのは2曲のみ。それでも演奏の素晴らしさを感じました。

180901-昭和大学ご一行様01

演奏の後は、峰夫先生が小熊(シャオション、倅のこと)にトランペットについてご説明下さいました。実は昨晩の懇親会で、小熊が勉強や部活の忙しさからエレクトーンへの情熱を失いつつあると峰夫先生にお話したために、それを気遣ってエールを送って下さいました。これで少しは小熊が情熱を取り戻してくれるといいんですが。

180901-杉木峰夫先生

そして来週は、昨年に引き続き愛知県立芸術大学の倉田先生ご一行が加子母合宿にいらっしゃいます。こちらも峰夫先生がつないで下さったご縁です。こうして加子母が合宿のメッカになって行けばと思います。

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - 音楽

ONE OK ROCK AMBITIONS 2018 JAPAN DOME TOUR in Nagoya Dome

2018年4月16日(月) 〇  

現在の音楽シーンを席巻する人気ロックバンドONE OK ROCKAMBITIONS 2018 JAPAN DOME TOURのナゴヤドーム公演に、昨日家族3人で行って来ました。ワンオクのライブは初めて...というか、ライブの類そのものが初体験の私は、期待と不安の入り混じるアンビバレントな気持ちで会場へ。

180415-OORA2018DT

ズバリ、格好良かったです!歌良し、演奏良し、演出良し。会場内に立ち込める躍動感や一体感に必死に着いて行きました。各ナンバーの盛り上がりの部分で起こるジャンプでは船酔いにもにた眩暈を覚え、立ったままで腹筋運動をするように上半身を前後にスイングするノリには度肝を抜かれました。残念だったのは、披露した曲の内で知っていたのは半分ぐらいだったことです。

バンド結成から13年。決して平坦じゃなかった道のりがあり、ドームツアーを成功させる今がある。そして第二章の始まりを宣言する彼らの攻めの姿勢に、今年四十四になるオジサンも感動し勇気をもらいました。恐らく自分の意思で行くことはなかったであろうライブに、きっかけをもらい行くことができて本当に良かったです。これからの彼らの躍進を見守りたいと思います。そして今日からしばらくは、ワンオクが朝ジョギングのお供です。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 音楽

ONENESS M by SUGIZO

2018年4月5日(木) 〇  

日課の朝ジョギングのお供でここ2週間ぐらい毎日聴いているのが、ギタリストSUGIZOのアルバムONENESS Mです。SUGIZOはLUNA SEAのギタリストでありながら、HIDEの後任としてX JAPANのギタリストも務めていまして、これがきっかけで興味を持ちました。先日読んだインタビューで、SUGIZOは映画音楽が好きで、曲づくりの作業中に「ブレードランナー」や「機動戦士ガンダムユニコーン」の映像を流していると知り俄然親近感が増し、早速「ONENESS M」を"南米経由"で入手しました。

ONENESS M

このアルバムがとても良いんです。全10曲がそれぞれのヴォーカルをフィーチャーしています。錚々(そうそう)たる顔ぶれで、10通りのケミストリーが楽しめます。アルバム自体がまるでコンピレーションです。

音楽性の幅の広さと深さにも驚かされます。映画音楽を思わせるような壮大な世界観。「ブレードランナー」や「ユニコーン」からのインスピレーションかと思うエッセンスも感じます。実はバリバリのロックギターチューンを期待していましたが、心地よく裏切られました。奮い立つ曲ばかりで朝ジョギングにはもってこいです。

X JAPANは、10年前の再結成以来YOSHIKIがほとんどの曲を作っていますが、ファン待望のニューアルバムにはきっとSUGIZO作の曲も加わることでしょう。今から楽しみです。しかしそれって、いつ?

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - 音楽

「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」

2018年1月31日(水)  

ひょんなことから、この4月に大人気ロックバンドONE OK ROCKのライブに家族で行く運びとなりまして、ワンオクが大好きな同僚が「予習しときなさい」とばかりに最近発売されたDVDONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAENを貸してくれました。

180129-ONEOKROCK

お恥ずかしながら、私は今までライブなるものに一度も行ったことがなく、今回のワンオクが初体験となるわけです。貸してもらったDVDで目の当たりにした迸(ほとばし)る躍動感や会場の一体感は未知の世界です。ライブ初体験のアラフォー・オジサンに果たして取りつく島があるんでしょうか。予習どころか、不安が募るばかりです。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (0)
自分 (149)
家族 (286)
映画 (57)
(株)中島工務店 (174)
住宅建築 (366)
社寺建築 (22)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (132)
NBA (98)
蕎麦 (44)
地域 (240)
ブログ (6)
食べ物 (199)
basketball (21)
スポーツ (29)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (11)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (79)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (25)
SAREX (8)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (82)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (24)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (67)
エコアイデア (7)
舞台峠うまいもん祭り (81)
商工会 (57)
かしも山歩倶楽部 (15)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (4)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (95)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (22)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (6)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (19)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (5)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (4)
木材利用 (0)
文化 (1)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (12)
かしも木匠塾 (23)
プロジェクトTERRA (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth