ブログトップ > カテゴリ - NBA

NBA 2017-2018開幕

2017年10月17日(火) 〇 

アメリカプロバスケットボールリーグNBAの2017-2018シーズンがいよいよ開幕します。今シーズンからシーズン中の過酷な連戦を緩和するために開幕が半月ほど前倒しに。ファンにとっては嬉しい限りです。

我らがゴールデンステイト・ウォリアーズ圧勝で終わった昨シーズンを受けて、このオフシーズンには大型移籍が相次ぎました。クリーブランド、オクラホマ、ヒューストン、ボストン、上位チームが先発を大幅にテコ入れしました。未知のケミストリーにワクワクしますが、それでもやっぱり昨シーズンの先発がそのまま残っているGSWの敵ではなさそうです。この3年で優勝2回、GSW王朝の始まりです。Go Warriors!

それにしても、WOWOWのNBA中継の予定が未だ発表されていないって、どういうこと?!


171006-GSW

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - NBA

GSWの限定Tシャツ

2017年7月4日(火)  

2016-17シーズンの覇者となった我らがゴールデンステイト・ウォリアーズの限定Tシャツを入手しました。第5戦の直後にSNSで見かけたのを衝動的に注文し、一昨日届きました。今回はGSWのチームカラーである青を避けて赤を選択してみました。

170703-GSW

昨シーズンは最後の最後で連覇を逃したため優勝関連グッズは出回らなかったので、これで1年越しの念願が叶いました。来年の今頃までこれを着てバスケットに励みたいと思います。中学生にもまれながら。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - NBA

We Are the Champions Again!

2017年6月13日(火) 〇  

長かった屈辱の1年間にようやく区切りが付きました。2017NBAファイナルで、我らがゴールデンステイト・ウォリアーズが宿敵クリーブランド・キャバリアーズを第5戦で退け昨年の雪辱を果たし、見事2017年のNBAチャンピオンにまりました!2シーズン振りの王座奪還!ファイナルMVPは今季新加入のケビン・デュラントが受賞。3年前のMVP受賞時の"お母さん、あなたが真のMVP"スピーチには今でも感動しますが、そのお母さんと念願の優勝を喜び合う様には目頭が熱くなりました。

170613-GSWwin!CH

今季のNBAを総括すると、"NBA史上初"に溢れた年でした。それは決して偶然ではなく、NBA全体に変革が訪れている証だと思います。実際にこのファイナルで相見えた2チームには以前のようなゴリゴリのセンターはいなくて、GSW特有のスモール・バスケットをリーグ全体が模倣しているように思います。ステフィン・カリーを軸とするここ数年のGSWの成功がバスケットボールの競技自体を大きく変えようとしています。来季そしてその先へ、バスケットボールの進化の目撃者として楽しみは増すばかりです。

兎にも角にも、素晴らしきシーズン、素晴らしきファイナル、そして素晴らしきチャンピオンへの返り咲きをありがとう!来季も大いに期待してます!Go Warriors!

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - NBA

NBAファイナル2017開幕

2017年6月2日(金) 〇  

待ちに待ったNBAファイナルがいよいよ開幕しました。西の勝者ゴールデンステイト・ウォリアーズと東の勝者クリーブランド・キャバリアーズが3年連続でファイナルで顔を合わせます。3年連続同一カードは史上初です。過去2年の成績は1勝1敗と優勝を分け合い、両チームの主力選手が勢ぞろいした今年が本当の決戦と言えます。

ファイナル第1戦は、前半こそファイナルらしい一進一退のシーソーゲームでしたが、後半に入るとクリーブランドのワン・オン・ワン中心の戦術が徐々にGSWに止められるようになる一方で、GSWのボール回しと速攻のバスケットに対してクリーブランドには手立てがないまま、終わってみればGSWが22点差の快勝。ハラハラドキドキという楽しみはありませんでしたが、GSWの次元違いのバスケットにはしびれます。

*写真はSNSより拝借
170602-NBAFinals

シーズン序盤では遠慮し合っていたエースのステフィン・カリーと今季新加入のケビン・デュラントも、デュラントの怪我による戦線離脱をきっかけに歯車がかみ合い始め、現在は最高の形でファイナルを迎えています。血の気の多いドレイモンド・グリーンも昨シーズンの反省からかヒートアップし過ぎることなく自らをコントロールしています。アンドレ・イグダラを筆頭とするベンチ・メンバーも層の厚さを見せつけています。しかしただ一人、スプラッシュ・ブラザーズの片割れクレイ・トンプソンはプレイオフ以降チームの勢いに乗り切れずにいます。シュートが入り始めればそのストリーキーさは折紙付き、一刻も早くタッチを取り戻すことを期待します。

第1戦ではGSWに対して打つ手のなかったクリーブランドが、第2戦でどのようにアジャストしてくるかが4戦先勝のシリーズの醍醐味です。GSWのスイープにも期待しながら、やっぱり少しでも多く試合が観たいのも本音です。なんとアンビバレントな。現在療養中のスティーブ・カーHCの戦線復帰にも期待しながら、今季のファイナルを楽しみたいと思います。Go Warriors!

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - NBA

GSW、史上初のプレイオフ11連勝!

2017年5月23日(火) 〇  

4月に始まったNBAプレイオフが盛り上がっています(少なくとも私の中では)。我らがゴールデンステイト・ウォリアーズは1回戦と2回戦を4勝0敗のスウィープで順当に勝ち上がり、西地区決勝でも宿敵サンアントニオ・スパーズをスウィープで退けました。これでプレイオフ12連勝、LAレイカーズが過去2回達成した11連勝を抜きNBA新記録を樹立しました!

*写真はネットから拝借
170523-12 in a row

SAスパーズとの西地区決勝シリーズは、初戦こそ苦戦したもののSAスパーズのエース、カワイ・レナードの(曰く付き)負傷退場で形勢は一変、そのままGSWが圧倒的なワンサイドでシリーズを決しました。ステフィン・カリーとケヴィン・デュラントの2枚看板がコンスタントに活躍し、その他のメンバーもバランスよく貢献。怪我で欠場していたメンバーも復帰し、ファイナルに照準を合わせてチームがしっかりとまとまって来た感があります。

さて、昨年覇者のクリーブランド・キャバリアーズと西地区1位通過のボストン・セルティクスの東地区決勝は、どちらのチームが勝ちあがって来るんでしょう。大方の予想は過去2回に続きCLEキャバリアーズでしょう。プレイオフに入ってからのスーパーサイヤ人の如き活躍を見せてる"キング"レブロン・ジェイムズにマッチできる選手は現在のBOSセルティクスにはいないでしょう。が、個人的にはBOS推しです。というよりCLEが敗退するところが見たいです。そんなこと言ってもやっぱりCLEなんだろうなぁ。

いずれのチームが勝ち上がってもGSWは準備万端。休養十分で対戦相手を待つのみです。6月2日のNBAファイナル初戦が待ち遠しい!Go Warriors!

中島 大地

追伸
この試合が、14シーズンの長きに渡りSAを支えて来たアルゼンチン選手マヌ・ジノビリの引退試合だったかも知れません。元祖ユーロ・ステップと独特のスキップ・パス、高確率のアウトサイドシュートには魅了されたものです。稀代のシックスマンが引退するとなればとても残念ですが、名将グレッグ・ポポビッチ監督に導かれ、ティム・ダンカンやトニー・パーカーと共にプレイしたSAスパーズでのキャリアはとても充実していたことでしょう。とりあえずお疲れ様でした。

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (259)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (215)
ブログ (6)
食べ物 (159)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth