ブログトップ > カテゴリ - WOOD AC

日本のエネルギー自立をまずは地域から考える。

2012年11月10日(土)

WOOD ACゼミナール2012の第2回日本のエネルギー自立(まずは地域から)を考えるを受講しました。講師は、ドイツ在住の環境ジャーナリスト村上敦さん。今回の会場は私の第2のホームコート「木KeyPoint」の地下会議室。

121110村上敦さん

ご講義は、地域の人口減少と地域経済の崩壊、気象変動、燃料の枯渇によるエネルギー価格の高騰等々と、とても壮大な内容でしたが、メインテーマの一つは再生可能エネルギーの重要性だったと思います。

一昔前のドイツが現在の日本と似ていて、今後の日本の手本であるそうです。ドイツでは新築市場が崩壊しリフォーム市場が台頭したこと、その中でも省エネリフォームが大手建設会社を淘汰し地域経済を活気付けたこと、そして2050年までに電力の80%を再生可能エネルギーで賄う方針を決めたこと。

その中でも一番興味をそそったのが「エネルギー自立地域」です。風力・水力・地熱・太陽光・バイオマス等の再生可能エネルギーによって地域でエネルギーの自給自足ができ、地域のお金を地域で回すことが出来る。排熱の利用が容易になりエネルギー効率が上がる。地域冷暖房を一元化することで効率が上がる。これらの取組みが日本経済再生の鍵だということ。

この壮大なご講義の中で、人口約3000人の集落加子母が「エネルギー自立地域」のモデルケースになれるような気がしました。もちろん市町村合併で"中津川市加子母"になって昔のような積極的な取組みがしにくくなりましたが、遣り様はあるように感じます。「エネルギー自立」が"寒村加子母"の次なる一手になるのかも知れません。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - WOOD AC

「エコハウスのウソ」

2012年9月30日(日)

昨日、WOOD ACの主催するWACゼミ2012の第1回「エコマスターへの道」を受講しました。講義の後に観た映画の話を先に書いてしまって申し訳ございません。

講師は東京大学大学院の前真之先生。昨年に引き続いてのご講義らしく(私は受講してませんが)、会場は満員。



ウンウン、"前"評判に納得です。分かり易い概論と日本のエコ情勢、灯油・ガス・電気の効率比較、薪ストーブの難しさ、具体的なエコ住宅テク、等等、時間を忘れさせる盛りだくさんのご講義でした。中でも一番の目から鱗が、住宅計画の基本は太陽、光と風はディテールで対応すること。今までのモヤモヤがスウゥと晴れた気がします。

超多忙の設計担当らに遠慮して一人で受講したことを後悔しています。次は皆で!

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - WOOD AC

加子母の大型木造公共施設見学。

2011年12月8日(木)

昨年(だと思いますが)、国が今後建築する公共施設に積極的に木造を採用する法律をつくりました。それを受けて、現在岐阜県がそのマニュアル作成に取り組んでいるそうですが、その一環として、非営利活動法人WOOD ACさんが、加子母の大型木造公共施設を見学に来てくれました。

「せっかく加子母に来たのだから」と、まず、今年の4月に操業を開始した森の合板工場を見学。日本初の国産材専門の合板工場です。合板工場が内陸にあるのも国内初。予定の1時間を大幅に超え2時間、佐藤工場長さんが大変勘熱に説明して下さいました。

111208森の合板工場01

最後は全員で記念写真。「森の合板工場」さん、ありがとうございました。

111208森の合板工場02

昼食は道の駅かしもにて。やっぱりけいちゃん定食でしょ。ここのけいちゃんは私好み。すっかり寒くなったので、トマトソフトは今回は見送り。

111208けいちゃん定食

午後の部最初の見学場所はふれあいの館かしも、通称「やかた」。写真を撮り忘れました。西設計(高山市)の当時の設計担当者は現在弊社社員でして、その社員を交え当時の経緯を生々しく説明してもらいました。

次は加子母小学校。昼休み真っ最中で、活気がありました。

111208加子母小学校

そして小学校のお隣の食と文化の館。給食センターです。

111208食と文化の館

最後はふれあいコミュニティーセンター。言わずと知れた安藤忠雄建築研究所設計の福祉施設です。

111208ふれコミ

加子母の大型木造公共施設4作品の見学を終え、(協)東濃ひのきの家へ。構造材加工工場と集成材工場を一回り見学した後、質問タイム。この時間がもっととれれば良かったんですが。

111208(協)東濃ひのきの家

初めての「森の合板工場」見学、そして総合事務所の担当さんの説明付きの施設見学、そして工務店としての本音を少々聴いてもらえた、大変大変有意義な一日でした。それにしても、これだけの大型木造公共施設があるのは、加子母ならではですね。

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - WOOD AC

第6回WACゼミナール2010。

2011年2月20日(日)

2日前の金曜日、「WOOD ACゼミナール2010」の第6回「地域から木の住まいを考える」に参加しました。東白川村の製材業者(株)山共(東白川村)の田口社長と、金子建築工(株)の金子社長のご講話と言うことで、"兄弟"会社(有)マルワイ製材所の「マルワイマン」さんと連れだって。

今年のWACゼミは第1回・2回に参加させて頂きました。私の中でWACゼミ参加の付き物と言えば「そば切りまる伍」さんのそば。マルワイマンさんにもご納得頂けた模様。

110218WACゼミ01

そしてこちらが森林文化アカデミーの「自力建設プロジェクト」。チョクチョク読むブログに出てくる「あらかしのだんだん」をちょっと見学。

110218WACゼミ02

1:30pmからWACゼミ開始。最初のスピーカーは(株)山共の田口社長さん。社長さんが私よりも年下で少々ビックリ。マルワイマンさんはお話を聴いて収穫があった模様。

110218WACゼミ03

そしてその後は金子建築工業(株)の金子社長さんのご講話。こちらは私が収穫ありました。特には「パラダイムシフト」に関して。今後の日本の住宅産業で加速度を増して重要になって行く断熱に関して、私達のスタンダードを更に整備しなければならない局面に来ていることを改めて実感しました。先日お招き頂いた新年会で実感した高断熱と蓄熱に関してのお話も。ただ「快適」で済ますのではなく、理論と実験でその根拠をしっかり掴んでいる部分が金子さんの強みですね。

110218WACゼミ04

金子社長曰く、予定していた内容の半分も済まなかったそうです。とても興味深いご講演、次の機会が楽しみです。

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - WOOD AC

第2回WACゼミナール。

2010年10月30日(土)

昨日は美濃市の森林文化アカデミーで開催しました第2回WACゼミナールに出席しました。今回のテーマは「木の家・土の家」。土壁の家や既存住宅改修工事における長期優良住宅や性能評価の話です。講師は大阪で設計事務所を営む豊田保之(トヨタヤスシ)先生。

101029WACゼミ01

これは非常にタメになるお話でした。長期優良住宅に関しては断片的に知識がありますが、総合的なオサライもでき、とてもよい機会でした。その上凄まじい量のパワーポイントで、もう一歩踏みこんだ実務の細かい部分まで見せて頂き、2時間(?)があっと言う間でした。

実は今回は私も少々出番がありまして、後半のディスカッションでパネリストになりました。一応立ち位置は"工務店代表"だったようですが、もっと適任の工務店さんが会場にいたような気も・・・。

101029WACゼミ02

ドキドキで前のテーブルに並びしましたが、出番は一言二言で、アピールの場もなければボロが出る場もなく無事に終了。そろそろ場慣れが必要な年齢なのかも知れません。

さて、第3回WACゼミナールは、いよいよ聖地加子母が会場の森林ツアーです。もちろん聖地を堪能して頂くわけですが、けいちゃんと飛騨牛も、一緒にどやな?

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (258)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (215)
ブログ (6)
食べ物 (157)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth