FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - 公共建築

大府PAと阿久比PAがリニュールオープン

2018年7月20日(金) 〇  

昨日、北海道、南幌町、北海道住宅供給公社が主催する「みどり野きた住まいるヴィレッジ」の見学会に参加しました。地域工務店と建築家がタッグを組んだ5チームによる分譲型モデルハウスです。その模様は後日お伝えするとします。今朝は曇り空で特に涼しい北海道から、記録的猛暑が続く中部地方に帰って来ました。飛行機を一歩でるや否やため息が出ました。

180720-新千歳空港

セントレアを出て知多半島道路を走っていると、大府PAが2日前にリニューアルオープンしたという看板がありまして、ちょっと立ち寄ってみました。上りの大府PAと下りの阿久比PAが同時にリニューアルオープンしたそうで、それぞれ「華の種」と「大地の種」と呼ぶそうです。設計は隈研吾氏。下地用と思しき合板の素張りが印象的です。加子母のヒノキ合板が使われたならどうなってたかなと考えてしまいます。

180720-大府PA (4)

180720-大府PA (3)

180720-大府PA (1)

180720-大府PA (2)

180720-大府PA (5)

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 公共建築

瑞浪北中学校を建設中

2018年6月14日(木)  

先週の土曜日は朝は瑞浪市でスタートだったので、岐阜県瑞浪市で建設中の瑞浪市立瑞浪北中学校の現場にお邪魔しました。2000年入社の同期で、こちらの現場代理人を務める公共建築のエース鈴木和也さん(a.k.a.カズニー)が、「これからお邪魔してもいいですか?」という私のいつもながらの無茶なお願いに快く応えてくれました。

180609-瑞浪北中学校01

瑞浪北中学校はこの界隈の3校の統合に伴い新しく建設される中学校です。鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造からなる、延べ床面積8000㎡を超える建物で、中央自動車道瑞浪ICからその工事現場がよく見えます。設計・監理は日建設計、施工は岐建・中島・青協のJVという体制です。昨年7月の起工式を執り行い、年内完成を目指して(開校は来年4月)現在工事は中盤です。

*完成予定図
180609-瑞浪北中学校02

土曜日ということもあって、現場には比較的作業員は少な目でした。とは言え、工事規模は私の主戦場である木造住宅のそれとは桁違い。安全設備一つとってもその徹底ぶりは見習わなければなりません。

180609-瑞浪北中学校03

180609-瑞浪北中学校04

施設の大半は鉄筋コンクリート造で、仕上がりの雰囲気がすでに想像できます。コンクリート打ちっ放しに萌えます。

180609-瑞浪北中学校05

180609-瑞浪北中学校06

昨日仕舞いが終わったばかりの木造の屋根部分。軒裏を張り上げて、この集成梁は現しになるようです。

180609-瑞浪北中学校08

こちらはこれから屋根工事に入って行きます。

180609-瑞浪北中学校09

コンクリート打ちっ放しの螺旋階段。大量の型枠、大量の鉄筋、大量の支保工。手間の塊のような空間です。こちらも仕上がりが楽しみですね。

180609-瑞浪北中学校10

そして一番奥の屋内運動場、つまり体育館。鉄筋コンクリートと鉄骨の混構造です。クジラの形をイメージしているという話ですが、岐阜でなぜクジラ?

180609-瑞浪北中学校11

JVではありますが、これだけの現場を切り盛りする腕利き現場監督や職人集団と共に同じ旗印の元で仕事をしているのは誇りであると同時に刺激でもあります。常に顔を合わせているわけでけでなくとも日々その存在を意識しながら、私は木造住宅の分野で精進しようと改めて心に誓いました。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 公共建築

馬籠文化交流施設改修工事

2018年3月31日(土) 〇  

昨年12月の着工以来、急ピッチで進めてきました馬籠文化交流施設改修工事が無事完了し、昨日中津川市に引き渡すことができました。

180330-馬籠文化交流施設 (8)

プロジェクトの始まりは、昨年5月のある日、本社にかかってきた一本の電話でした。中津川市の観光地・馬籠宿にほど近い「クアリゾート湯船沢」の運営会社の方からで、「馬籠ふるさと学校」を宿泊施設として設計・施工・運営するプロポーザルに応募するので、その設計と施工を担当しないかというものでした。電話を受けた私がそのまま担当することとなりました。

「馬籠ふるさと学校」は、元々長野県山口村立神坂(みさか)小学校でしたが、2004年の市町村合併で山口村が中津川市へ越県合併した際に閉校となり、以来地域のコミュニティ活動やスポーツ大会の会場として利用されてきました。昨今のインバウンド等による馬籠の観光客増加を受けて、「馬籠ふるさと学校」を文化交流を伴う宿泊施設として民間企業に運営を委託するという方針を中津川市が決定し、プロポーザルを募集しました。

運営・管理を担当するクアリゾート湯船沢を主幹として、石川一級建築設計室(中津川市)が設計を、中島工務店が施工を担当する体制でプロポーザルに臨みました。地域の皆さんが愛着を持つこの素晴らしい木の学校の風情をできるだけ残しながら宿泊施設に改修すること、運営面ではクアリゾート湯船沢と連携することをプロポーザルの軸に据え、採択を頂くことができました。

東西方向に長いこの施設は、中心のエントランスが鉄筋コンクリート造で、西側に位置する普通教室と東側に位置する特別教室が木造という混構造です。室内にはふんだんに木材が使用されて、宿泊施設の要件の内装制限に適合するために、防火戸で建物を三分割し、客室となる西側の木造部分にスプリンクラーを設置しました。他にも非常階段、非常照明、誘導灯、排煙窓、網入りガラス、防炎垂壁、福祉のまちづくりの規定等の整備が必要でしたが、スプリンクラーのおかげで内装のコストを抑えることができ、その分を屋根瓦の補修や外壁の塗り直しに充てることができました。

180330-馬籠文化交流施設 (7)

内部を少しご紹介します。まずは木材がふんだん使われた客室棟の廊下。見た目は全く変わりませんが、天井裏にスプリンクラーが隠れています。

180324-馬籠文化交流施設 (1)

観光案内所を兼ねたフロント(モデル付)、元々は職員室でした。

180330-馬籠文化交流施設 (1)

普通教室の風情がそのまま残る客室。もちろんインバウンド客には魅力的な空間です。スポーツ合宿等の団体にも重宝してもらえそうです。

180330-馬籠文化交流施設 (9)

エントランス上部にある陽だまりのサロン(モデル付)。校庭の桜と(まだ咲いてませんが)、恵那山が一望できます。

180330-馬籠文化交流施設 (5)

手づくりのバンクベッド。バックパッカーには堪らない空間です。

180330-馬籠文化交流施設 (2)

広くお洒落な洗面室、クアさんのこだわり。

180330-馬籠文化交流施設 (1)

先週日曜日に行われた内覧会では、地域の皆さんを始めたくさんの見学者がありました。この施設に対する地域の皆さんの愛着を感じ、木の学校の風情をそのまま残す方針を評価して頂けたことを改めて実感しました。

宿泊施設としての営業開始は4月中旬の予定だそうです。すでに予約も入っているとか。文化交流施設、個人的にもとても興味があります。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 公共建築

潜入!金シャチ横丁顔見世!

2018年3月27日(火) 〇  

中島工務店が建設工事を担当し、昨年6月から名古屋城の正門側と東門側で工事を進めてまいりました金シャチ横丁が完成しまして、いよいよ3月29日に開業します。名古屋の歴史と文化を発信する新たな観光文化交流拠点です。開業に先立ち、昨日と今日で開催されています「顔見世」(事前内覧会)に、施工業者の関係者として私も案内を頂きまして、昨日お邪魔して来ました。

地下鉄市役所駅の7番口を出ると目の前にあるのが、新風・革新のエリア宗春ゾーン。木造のモダンな建物に、名古屋の新しい食文化を発信する、気概あふれる新興の店舗が終結しています。

180326-金シャチ横丁顔見世 (1)

180326-金シャチ横丁顔見世 (3)

最初に選んだのが、ポップオーバーの「忍者アイス」。20分並んで買い、写真を撮り、さぁ食べよう!と思った瞬間に地面に落としてしまいました。トホホです。

180326-金シャチ横丁顔見世 (2)

同じくポップオーバーの「特製ローストビーフ」。器のようなパン生地を半分に折ってローストビーフを包みカブリつく。なかなかの満足感。

180326-金シャチ横丁顔見世 (12)

こちらが正門側の義直ゾーン。伝統・正統のエリアです。定番・老舗のなごやめしが終結しています。

180326-金シャチ義直ゾーン (1)

180326-金シャチ義直ゾーン (2)

昼食に選んだのは、みそかつ矢場とん。お値段と待ち時間が比較的お手頃そうでしたので。言わずと知れた定番の美味しさです。

180326-金シャチ横丁顔見世 (10)

会場では会社関係者とも遭遇。

180326-金シャチ横丁顔見世 (9)

180326-金シャチ横丁顔見世 (6)

180326-金シャチ横丁顔見世 (8)

180326-金シャチ横丁顔見世 (11)

名物市長・河村市長。「義直ゾーン」の奥の空きスペースで、何やら次なる構想もおありのようで。木造の天守閣と合わせて、楽しみにしてます!

180326-河村市長

会場では、この一大プロジェックトを直接主導した現場監督の皆さん達とも会いました。本当にお疲れさまでした。その中心人物・kuriguriさんとは会うことができませんでした。本当に、本当にお疲れさまでした。さぁて、いよいよ4年越しの約束を果たす時ですね!

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 公共建築

金シャチ横丁へようこちょ

2018年2月15日(木) 〇  

名古屋城の隣に建築中の飲食店街金シャチ横丁がいよいよ仕上げ段階を迎えています。昨年6月の着工以来私が陣中見舞いにお邪魔したのは結局ほんの数回だけでした。現場代理人のkuriguriさんは着工当初は不安もあったそうですが、工期も残すところあと1ヵ月となり完成の目途が立ち一安心です。

別途の店舗内装を残して完成形が分る工事現場をkuriguriさんに案内してもらいました。こちらが正門側エリアの義直ゾーン。名古屋飯を代表する老舗が入ります。

180214-金シャチ横丁 (3)

180214-金シャチ横丁 (1)

そしてこちらが東門側エリアの宗春ゾーン。モダンな建物に新進気鋭の飲食店が入ります。

180214-金シャチ横丁 (2)

3月29日のオープンの暁には、現場代理人のkuriguriさんと数年前から約束している慰労会をこちらのどこかの店舗で催そうと再度約束しました。残すところあとわずか、慰労会をニンジンにして頑張って下さい!

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (0)
自分 (152)
家族 (288)
映画 (57)
(株)中島工務店 (183)
住宅建築 (374)
社寺建築 (22)
公共建築 (14)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (133)
NBA (99)
蕎麦 (44)
地域 (247)
ブログ (7)
食べ物 (211)
basketball (21)
スポーツ (31)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (11)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (80)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (25)
SAREX (8)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (82)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (39)
漫画 (24)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (68)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (84)
商工会 (57)
かしも山歩倶楽部 (15)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (4)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (98)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (22)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (6)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (20)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (5)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (4)
木材利用 (1)
文化 (1)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (12)
かしも木匠塾 (23)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (1)
なぜか韓国2018 (2)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth