ブログトップ > カテゴリ - 講習

第2回日独木造建築シンポジウム

2017年11月8日(水) 〇  

岐阜県立森林文化アカデミーで開催された第2回日独木造建築シンポジウムの木造建築分科会に参加しました。昨年の今頃開催された第1回に引き続き、ドイツ・ロッテンブルグ林業大学のルトガー・デデリッヒ教授が来日しています。今回のシンポジウムは10:00amに開始し、デデリッヒ教授を含むお三方の基調講演とパネルディスカッションと盛りだくさんでした。

基調講演のトップバッターは名古屋大学大学院生命農学研究科の山崎真理子先生。「日本における建築木質材料の特徴 強み・課題」。山崎先生には「都市の木質化連続講座」他でも大変お世話になっています。

171108-日独木造建築シンポジウム01

日本の森林率は66%でフィンランドに次ぐ世界2位の森林大国だが、明治維新以来の西洋化、第二次世界大戦、木材の輸入自由化等の"木造建築の暗黒の時代"を経験した。しかし現在は、阪神淡路大震災等を機会に木造建築の研究者が増加し、京都議定書(COP3)やパリ協定(COP21)が追い風になり、2000年に18%程度だった木材自給率が現在30%にまで改善している。

現在の日本の課題は、林業~林産業~建築業の連携が乏しい。この垣根を取り払って"森林資源産業"の確立をオールジャパンで目指すことが求められている。そして木材利用という文化をもう一度日本に根付かせなければならない。

続いて、首都大学東京の小泉雅生先生による「日本におけるエネルギー・温熱環境の特徴・強み・課題」。

171108-日独木造建築シンポジウム02

日本とドイツを比べると、日本は冬にも日射があり、夏場はドイツ人のようにバカンスに出掛けず、風呂は夕方に入るので(ドイツ人は朝)、日本人はもっと太陽熱を利用すべき。ゴモットモです。

日本の住宅を語る上でよく引用されるのが、吉田兼好の徒然草55段「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は、堪え難き事なり」だが、1970年代石油ショックを経験し、現代の日本は"夏も冬も旨とする住まい"を目指さなければならない。ゴモットモです。

小泉先生は国土交通省の2013年のプロジェクト「LCCM住宅」の開発にも携わっていらっしゃって、その解説もありました。
・ 基礎コンクリートのCO2が大きいため布基礎を採用した。
・ 木材は、乾燥エネルギーは輸送エネルギーよりもはるかに大きい。
・ 北側に通風塔。温度差による重力換気。夏の蒸し暑さ対策。
・ 通風と採光に有効なパラボラ壁。
・ 衣替えする住宅。
・ 30~35年でLCCM(ライフサイクル・カーボン・マイナス)が実現する試算。
・ 環境配慮型住宅は建設時のCO2にも配慮すべき。

昼食休憩を挟み、午後はいよいよデデリッヒ教授がご登壇。「木造建築における木材、そして競合する木材」のお話。

171108-日独木造建築シンポジウム03

ドイツは無垢材、集成材、合板、LVL、CLTと、利用できる木材技術全てが存分に活用されている。大型木造施設も当たり前のように建築されている。この2年ほどで"過小評価されている巨人"ブナ材が利用できるようになり、ブナのLVLは鉄骨にも匹敵する強度。

ヨーロッパでは集中的な都市化が進んでいる。田舎では住居が余り、都会では住居が不足している。いかに住宅を早急につくるかが課題。

ロンドンでは木造建築ブームで、今後メッカになる勢い。ヨーロッパには建築時の炭素税があり、これが追い風に。ノルウェーの14階建てが現在ヨーロッパで一番高い木造だが、更に15階建て(CLT)が2020年にストックホルムで完成予定。新築のみならず、既存施設の屋上にCLTで増築する事例も多数あり。

大型木造建築では、階段室をコンクリート造とし、居住空間を木造とするのが基本。階段室は建物の中央には設けず外側に配置するのが通常。先般のグレンフェルタワー火災はポリウレタン断熱材が燃焼したが、なぜか木造禁止が囁かれている。政治的ロビー活動が原因のようだ。

ドイツには積極的な木造化に対する十分な森林資源が備蓄されている。木材のエネルギー利用も増加傾向。木材価格は石油価格により変動する。

デデリッヒ教授は、「標準品を使って唯一無二の作品を作ることが大切」とご講話を結びました。

そしてシンポジウムの最後は、講演者お三方に大和リースの小林氏、そしてアカデミー講師陣を加えてのパネルディスカッション。

171108-日独木造建築シンポジウム04

最初に盛り上がった話題がメンテナンス。建築には、そもそも木材にはメンテナンスが付き物で、木材のメンテナンスは住まい手自らができて省コスト。"メンテナンスフリー"とはつまりメンテナンスの"楽しみ"を奪うこと。とは言え、メンテナンス量やメンテナンス勝手を意識して木材を利用すべき。ドイツではメンテナンス費として年間12€/㎡を積み立てている。日本でもメンテナンスは"コスト"ではなく"マーケット"であるべき。

ドイツの住宅は75~80%が枠組み壁構法で無垢材利用が多く、構造材はSPF材が主流だが、日本では桧・杉・唐松。ドイツではブナ材をLVLやCLTで活用しているが、日本ではブナは主に家具材。日本にはブナはさほど量がない上、腐朽菌に弱く日本の気候では建築用材には向かない。逆に菌類の培地に最適。

最後にパネラー一人一人より締めの一言。
山崎先生「林業・林産業・建築業の壁を取り払って、"森林資源産業"を目指すべき」。
小泉先生「建築業界の新しい基準に着いて行っていないのが地方の工務店と零細の設計事務所。それでは生きていけない」。
デデリッヒ教授「昔からの伝統への敬意を持つべき。そこにある価値を評価すべき」。
小林氏「木の意匠が社会に受け入れられることが大切。木には木の特性があり、鉄の代わりを求めては無理がある」。
辻先生「メンテナンスの覚悟が日本の社会では薄れている。人材をどうやって田舎に呼ぶかが課題」。
吉野先生「田舎から都会にどうやって木を売るかが課題。特色を活かして」。
松井先生「森林資源産業のように、大きなスケール、長いスパンの発想をドイツから学べるのではないか」。

基調講演三本立てとパネルディスカッションに同時通訳も付き、第2回は第1回より数段パワーアップしていました。第3回はまだ未定だそうですが(補助金次第という噂もありますが)、是非とも実現して欲しいと思います。ありがとうございました。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

ケント・ギルバート氏の「日本住宅文化比較論」

2017年10月13日(金) 〇  

昨日、お付き合いのある建材屋さんが主催するセミナーでケントギルバート氏の特別講演を拝聴しました。ケント・ギルバート氏は、私が毎週録画して観ている「そこまで言って委員会NP」によく出演する日本贔屓の芸能人ですが、その本業はカリフォルニア州弁護士です。日本人が日本人の立場からは言い難いことを的確且つ率直に言ってくれる、日本人の強い味方です。

171012ーケント・ギルバート氏

今回のお題は「日米住宅文化比較論」。対中国や対韓国の政治的なお話しを聴きたかった私としては少々残念でしたが、ギルバート氏は実は建築への造詣が深い一面もお持ちで、自らの日本とアメリカでの住宅建築の経験を踏まえたお話しはとても興味深くタメになりました。

ギルバート氏によると、日本とアメリカの住宅事情で一番大きな違いは中古住宅の価値です。アメリカでは家を所有するというのは一種の投資であり、維持管理をしっかりすればその価値は上がっていきます。そもそもアメリカ人は総じて日曜大工好きで、住まい手自らが無理なく楽しんで維持管理をしています。一方日本では、新築時をピークとしてその資産価値は右肩下がりで、売却する際には建物を解体し更地とした方が価値が上がることもあります。ギルバート氏曰く、それは住宅メーカーと金融機関の陰謀ではないかと。

ここからは私の持論も交えて。アメリカで中古市場がしっかりと機能している理由として、アメリカ社会の流動性が挙げられると思います。アメリカでは、より条件の良い職を求めて移住するのは当たり前のことですし、その時々の家族の形に合わせて家を住み替えることも現実的な選択肢です。その分サンクスギビング等の行事をとても大切にするんだと思います。一方日本には"家系を守る"という風習がありますし、家系を守る立場でなくとも一度マイホームを構えたらそこに定住するのが主流です。

住み替えが当たり前のアメリカの住宅は社会的資産の要素が強いのに対し、日本の住宅はあくまでも個人的な資産です。この日米の社会構造の違いが直接的に中古住宅の価値の違いになっていると思います。日本がアメリカのような合理的な社会的流動性を持つことが難しい以上、中古住宅の価値が認められるようになるのはまだしばらく先のことでしょう。

登壇する時と降壇する時に、ギルバート氏が後方に掲げられていた日本の国旗に向かって丁寧に、嫌味なくお辞儀していたのがとても印象的でした。ギルバート氏は、紛れもなく一般的な日本人よりも日本の心を持つ外国人でしょう。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

パッシブデザイン設計法 第3回、「ゼータの鼓動」

2017年9月4日(月) 〇  

昨日、岐阜県立森林文化アカデミーが主催する実務者講習、辻充孝准教授が講師を務めるパッシブデザイン設計法講習の第3回を受講しました。月に1回日曜日に開催される全6回シリーズも今回で半分が済みました。第1回ではパッシブデザイン設計法の10のステップの概論を学び、続いて第2回では断熱性能、そして今回は気密と防露。気密と防露に関しては部分部分は知っていましたが、こうやって講義の中で体系的に学んでみると、その重要性、幅の広さや奥の深さを実感します。

170903-パッシブデザイン設計法第3回

防露性能を語る上で重要な要素に「透湿比抵抗」なるものがありまして、ギリシャ文字で「ζ」と表記し「ゼータ」と読みます。このζ値を説明する"同志"辻先生がはにかみながらも生き生きしているのに気付いたのは私だけでしょうか。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

既存住宅状況調査技術者講習

2017年8月30日(水)  

一昨日、国土交通省が実施する既存住宅状況調査技術者講習を受講しました。平成30年4月に施行される改正宅地建物取引業法を受けて、既存住宅の売買の際に状況調査(インスペクション)を励行しようという動きの中で、建築士がその調査技術者になろうというものです。

170828-既存住宅状況調査技術者講習会

9:30am過ぎに始まり、みっちり5:30pmまで講義が続き、そして最後にはしっかり試験もありました。状況調査の技術はとても勉強になりましたが、それにも増してこの教科書がとても良くできています。中島工務店でも年次点検の際の検査項目や留意点の体系化を進めて来ましたが、この教科書はほぼそのままガイドラインとして活用することができそうです。

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

NORITZハウレッシュ会のディープな夜

2017年8月24日(木)  

2017年度のNORITZハウレッシュ会情報交換会に出席しました。5:00pmに始まった本会はわずか20分で終了、引き続き懇親会。その後はNORITZの担当者さん、販売店のカネコさん、後は工務店で連れだって二次会へ。こちらが真の情報交換会でした。二次会こそお互いの為人(ひととなり)が分かります。ノミニケーション、いいね。

170824ーNORITZハウレッシュ会

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (1)
自分 (124)
家族 (259)
映画 (62)
(株)中島工務店 (149)
住宅建築 (338)
社寺建築 (20)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (215)
ブログ (6)
食べ物 (159)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (70)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (24)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (64)
エコアイデア (6)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (76)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (21)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (3)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth