FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - 講習

第40回ジャパン建材フェア

2018年8月24日(金)  

日頃よりお世話になっている建材販売店ジツダヤさんにご案内頂き、東京ビッグサイトで開催中のジャパン建材フェア」に行きました。フェアには実に3年振りの来場です。エントランスでは至高のお出迎え。

180824-ジャパン建材フェア (1)

各大手メーカーが一堂に会し、情報としては知っていた新商品を実際に見て、説明を聴ける絶好の機会でした。

180824-ジャパン建材フェア (2)

中でも現在採用を計画中のCLTの展示と説明はとても参考になりました。モヤモヤが一つ晴れ方向性が見えた気がします。

180824-ジャパン建材フェア (4)

180824-ジャパン建材フェア (3)

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

登録解体工事講習

2018年8月23日(木) 〇  

今日は「登録解体工事講習」を受講しました。解体工事に関わる法規改正に伴う講習で、改正以前に施工管理技士を取得した人全員が対象です。中島工務店からは実に50名超が受講しました。

180823-登録解体工事講習テキスト

講習は12:20pmに開始し、途中で小休憩を挟みながらみっちり4:50pmまで。ここ数年で一番辛い講習でした。そして最後の試験に思いの外苦戦。一問目に時間を使い過ぎ、結局時間内に終わらず最後は無理矢理居座って解答欄を何とか埋めました。「これが本当の試験ならば失格ですよ」と監視員からチクリ。ハイ、承知しております。講習をもう少ししっかり聴くべきでした。深く反省。

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - 講習

木造軸組へのCLT活用をふまえた「軸組+CLT」事例集セミナー

2018年8月7日(火) 〇  

昨日、吹く風すら熱い名古屋駅近くで開催された「木造軸組へのCLT活用をふまえた「軸組+CLT」事例集セミナー」を受講しました。主催は(一社)JBN、講師は(一社)日本CLT協会の有賀業務推進部次長です。現在私はCLTを活用した建物の構想がありまして、具体的な目標が目の前にあると講習にもより身が入ります。

180806-木造軸組へのCLT活用をふまえた「軸組+CLT」事例集セミナー

CLTにはいくつかの活用方法がありまして、大分するとCLT自体で構造を構成するパネル構法と、軸組構法の耐力をCLTで確保する方法があります。確かにCLTの木材使用量は桁違いで、自国の森林資源活用の観点からは理想的ですが、CLTの多用はそのままコストに跳ね返って来ます。やはり何事もお客様のご予算があって初めて実現するわけで、その費用対効果の早期見極めが肝と言えそうです。

今回の計画は住宅、増してや平屋であり、CLTパネル構法では計画期間、設計費、そして施工費において最適とは言えません。やはり軸組構法の耐力面材としてのCLTを活用するのが順当かと考えています。とは言え、CLTが耐力面材として全く隠れてしまうのも残念です。CLTで耐力を確保し、その存在を感じることができ、もちろんコストバランスにも優れた方法を模索しています。

中島 大地


ブログトップ > カテゴリ - 講習

ZEH等3省連携事業合同説明会

2018年3月12日(月) 〇  

経産省、国交省、環境省によるZEH等3省連携事業合同説明会に出席しました。ここ数日で全国6ヵ所で同様の説明会が開催されていて、名古屋会場は東区にあるウィルあいち(名駅近くにある「ウィンクあいち」と名前が似ていて実に紛らわしい)でした。会場はほぼ満員、業界の注目度の高さが伺えます。この地域の温熱分野を牽引する"三連星"を会場で発見。どうもいつもお世話になっております。

180312-黒っぽい三連星

ZEH(ゼッチ)とはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、高断熱化等により従来の住宅より20%以上のエネルギー消費を削減し、ソーラー等により使用した分以上のエネルギーを創り出す家のことです。ここ数年ZEHに対して国の補助金がありまして、来る2018年度は経産省・国交省・環境省の3省連携の補助金となる予定です。

説明会の半分以上はZEH普及促進の必要性に関して。日本のエネルギー事情、地球温暖化と異常気象の実態、日本がパリ協定で世界に誓った省エネ・省CO2化の目標、低断熱による健康被害、等々。切り口は3省それぞれでしたが、分かっていたつもりのZEH促進の必要性が再確認できてとても有益でした。

3時間に及ぶ説明会では複数の補助金が説明されましたが、この場ではZEHに対するのもに限ってご紹介します。

経産省より、高性能なZEHに対して(ZEH+、分譲建売ZEH)
環境省より、引き続き供給を促進すべきZEH(注文住宅ZEH)
国交省より、中小工務店の連携を促すZEH(地域型住宅グリーン化事業)

寒冷・低日照・多雪地域が対象で達成度が50%~75%の「ZEH Ready」は従来通りですが、外皮性能を更に強化し、HEMS等を搭載し、電気自動車を活用する「ZEH+」、高層集合住宅が対象の「ZEH Oriented」と言ったカテゴリーが新しく加わり、それぞれに補助金があります。尚、全てに共通で省エネ性能表示(BELS)が必要です。

それにしても条件が細かい。具体的はお話しは是非とも直接ご相談下さい。それまでに私も一つ一つをよぉく読み解いておきます。とりあえずこの場で感じて欲しいことは、国が省エネ・省CO2化の手段としてZEH普及促進に本腰を入れているということです。そして私も、今年は本腰を入れて「中島とつくる家」ZEHを計画・建築する予定です。

ウィルあいちの最寄り駅のすぐ隣には、3月29日(木)にいよいよグランドオープンを迎える「金シャチ横丁」の「宗春ゾーン」がありまして、帰り際に場外からのぞき見しました。後で聞いてみると、遠くに見えた会社の黄ヘルはkuriguriさんで、メディア主材を受けている最中だったそうです。kuriguriさん、改めてお疲れ様でした。高級焼肉の晩餐会は目前ですよ。

180312-金シャチ横丁宗春ゾーン

中島 大地

ブログトップ > カテゴリ - 講習

荻野寿也さんセミナー「庭から建築を考える」

2018年2月20日(火) 〇  

アマテルソーラー協会が主催するセミナー、造園家荻野寿也さんによる庭から建築を考えるを拝聴しました。荻野寿也さんと言えば住宅造園の第一人者で、造園業界のみならず建築家や工務店にも多大な影響を与えています。庭は決して建築ありきではなく、庭の在り方が建築を左右する。理論に裏打ちされた感性、説得力に満ちたお話しに感銘を受けました。

180220ー荻野寿也さん

以下、心に残ったお言葉を記します。

・ 里山暮らしを求める若い世代が増えている。
・ 木立の中に佇む、偉そうばっていない建築。
・ 建築よりも風景に住みたい。
・ 作った感をなくす。
・ 2階からの目線も大切。
・ 中庭には光を好む樹種を。
・ 建築に樹木を近付ける。
・ 西日は当て方によっては綺麗。面白い現象。
・ 木漏れ日がソファの上に。
・ 中間領域のある建築。
・ 室外機を隠す。
  平面プランには室外機の位置を明記する。
・ 風の抜け。透かし剪定。
・ 現場で出た石を造園に使う。
・ 「サワコの朝」の背面の開口が良い。
・ 横内敏人は庭好き建築家ナンバーワン。
  庭・家具・建築物は一体。
・ ホースは出しっ放しになり勝ち。
・ アルミカーポート希望の施主を逆に説得すべき。
・ 一番気持ちいい場所を庭にする。
・ 建築家はベランダの手摺が違う。
  オリジナルのシャープなもの。
・ 外構で使う10万円は分かりやすい価値がある。
・ 芝生の匂いは良い。芝生を疎ましがらず使って欲しい。
・ 山茶花や椿は水を嫌うため室内での利用が良いのかも。
  まだ実験中だが。
・ ガンコマサは三和土のような雰囲気。素人でも使える。
・ 部屋内の調光で外構の見え方が変わる。
・ アッパーライトは建物から離れる方向へ配置する。
  アッパーよりも上からの地灯りの方が外構がよく見える。
・ 材料探しが特に重要。尾根筋の木、谷筋の木、
  西日に耐えている木、等々。
・ 人工土壌は優秀。
・ 支柱は見せず地中に埋め込む。手間はすごく掛かるが。
・ 自動散水は必要な場合も。しかし手撒きが本来では。
・ "外ご飯"のステージはプレゼンテーションを魅力的に。
  外部の寒さを楽しむ場所を。
・ 造園を体験すれば設計が充実し、見積もある程度できるようになる。
・ 施主参加型ワークショップを。剪定は楽しい。
・ マンションにできないこと、それは造園。
・ 根の張る竹は住宅地では使い難い。
  大きなバケツに根を入れて使うぐらいの覚悟を。
・ アオダモやヤマボウシは成長が遅く虫が付きにくい。
  西日が強いところではコナラ。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (2)
自分 (184)
家族 (333)
映画 (68)
(株)中島工務店 (230)
中島とつくる家 (180)
住宅建築 (289)
社寺建築 (30)
公共建築 (15)
プロジェクトLK (29)
ガンダム (136)
NBA (102)
蕎麦 (51)
地域 (325)
ブログ (9)
食べ物 (260)
basketball (28)
スポーツ (39)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (12)
Thousand Miles (4)
リニア (8)
講習 (82)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (28)
SAREX (11)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (86)
小熊語録 (8)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
漫画 (26)
木KEYPoint (39)
地球の会 (17)
プロジェクトARK (69)
エコアイデア (8)
舞台峠うまいもん祭り (87)
商工会 (62)
かしも山歩倶楽部 (17)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (10)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (5)
中津川法人会 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (122)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (6)
Project "Kashimo Studio" (12)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (5)
Woodism (23)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (24)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (6)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (13)
木材利用 (10)
文化 (2)
台湾木材産業調査2017 (8)
台湾旅行記2017-2018 (9)
アニメ (14)
かしも木匠塾 (26)
プロジェクトTERRA (1)
安全パトロール (11)
なぜか韓国2018 (2)
台湾TDMC常設展示 (5)
台湾旅行記2018-2019 (7)
加子母PTA会長 (53)
美乃坂本モデルハウス「knot」 (1)
岐阜県工業会ベトナム視察ホーチミン (9)
台湾旅行記2019 (3)
加子母教育協議会 (12)
木まま工房 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth