ブログトップ

NBA 2017-2018開幕

2017年10月17日(火) 〇 

アメリカプロバスケットボールリーグNBAの2017-2018シーズンがいよいよ開幕します。今シーズンからシーズン中の過酷な連戦を緩和するために開幕が半月ほど前倒しに。ファンにとっては嬉しい限りです。

我らがゴールデンステイト・ウォリアーズ圧勝で終わった昨シーズンを受けて、このオフシーズンには大型移籍が相次ぎました。クリーブランド、オクラホマ、ヒューストン、ボストン、上位チームが先発を大幅にテコ入れしました。未知のケミストリーにワクワクしますが、それでもやっぱり昨シーズンの先発がそのまま残っているGSWの敵ではなさそうです。この3年で優勝2回、GSW王朝の始まりです。Go Warriors!

それにしても、WOWOWのNBA中継の予定が未だ発表されていないって、どういうこと?!


171006-GSW

中島 大地

ブログトップ

リノベEXPO2017東海@モリコロパーク

2017年10月16日(月)  

先週の土曜日、愛・地球博記念公園(a.k.a.モリコロパーク)の地球市民交流センターで開催されていたリノベEXPO2017東海に行ってきました。中島工務店でも年々リノベーションが増えていまして、ちょうど長久手スタジオの近くで開催されるイベントにリノベのヒントを求めて。

モリコロパークにはリニモに乗って。リニモはよく利用するんですが、杁ヶ池公園駅から八草方面に乗るのは初めて。途中で先日オープンしたIKEA長久手の前を通過しましたが、遠目からでもわかるほどの駐車場の大渋滞と長蛇の列。個人的には当面来ることはないでしょう。

171014-IKEA

さて、リノベEXPOの会場。驚きでした。先日訪れた建築総合展のようにブースが縦横整然に並んでいる会場を想像していましたが、あたかも出店者がそれぞれの思いで陣取ったようなブースの無造作な配置がとてもお洒落です。

171014-リノベEXPO201702

出店者も従来の工務店というよりは雑貨屋さんのようなカジュアルさがあり、これまたお洒落。お手軽な読み物が多数用意されていて、子育て世代の若夫婦に抵抗なく立ち寄ってもらえそうです。

171014-リノベEXPO201704

リノベEXPOのすぐ隣ではマルシェも開催していました。オーガニック、ナチュラル、エコ、自然と言ったキーワードの似合う飲食店や小物店が多数出店。私も「旬野菜の蒸し鶏のフォー」とオーガニックコーヒーを頂きました。

171014-リノベEXPO201703

他にも、エンドユーザーの「そもそもリノベって?」に対するチュートリアルな展示物や、スプーンづくりや生け花(?)等のワークショップも充実していました。会場がモリコロパーク、お洒落な雰囲気、マルシェ同時開催等々、エンドユーザーにリノベに触れてもらうための仕掛けや工夫が溢れたイベントでした。とても勉強になりました。

中島 大地

ブログトップ

A long time ago in a galaxy far, far away....

2017年10月15日(日)  

我が家の本棚から、9年前のプリクラが出土されました。おかげで今朝頃の夢に、無邪気だった頃の小熊(シャオション、倅のこと)が出てきました。かけがえのない家族の記憶です。

081031-once upon a time

中島 大地

ブログトップ

クリア塗装暴露試験に新たな参戦者

2017年10月14日(土) 〇  

以前ブログで、外部用クリア塗料の暴露試験をしていると綴ったところ、知り合いの業者さんから「紹介したい塗料がある」と連絡があり、早速見せて頂きました。最近注目されている耐火性能を有する塗料です。私の緩ぅい一次面接をクリアし、暴露試験に参戦することとなりました。向かって一番右のサンプルがそれです。他のサンプルよりも1ヵ月弱遅い出走ですが、大きな影響はないでしょう。

171011-クリア塗装実験01

他の塗料サンプルに比べ塗膜が厚く、いかにも保護力がありそうです。しかし今までも塗膜の厚い、いわゆるペンキのような塗料はありましたが、どれもほどなくして塗膜がひび割れ雨水が浸透し、数年の内にボロボロと剥離してしまいました。さてこの塗料の性能やいかに?尚、ブログでは暴露試験で結果の良かった塗料だけを公表する予定にしています。

171011-クリア塗装実験02

中島 大地

ブログトップ

ケント・ギルバート氏の「日本住宅文化比較論」

2017年10月13日(金) 〇  

昨日、お付き合いのある建材屋さんが主催するセミナーでケントギルバート氏の特別講演を拝聴しました。ケント・ギルバート氏は、私が毎週録画して観ている「そこまで言って委員会NP」によく出演する日本贔屓の芸能人ですが、その本業はカリフォルニア州弁護士です。日本人が日本人の立場からは言い難いことを的確且つ率直に言ってくれる、日本人の強い味方です。

171012ーケント・ギルバート氏

今回のお題は「日米住宅文化比較論」。対中国や対韓国の政治的なお話しを聴きたかった私としては少々残念でしたが、ギルバート氏は実は建築への造詣が深い一面もお持ちで、自らの日本とアメリカでの住宅建築の経験を踏まえたお話しはとても興味深くタメになりました。

ギルバート氏によると、日本とアメリカの住宅事情で一番大きな違いは中古住宅の価値です。アメリカでは家を所有するというのは一種の投資であり、維持管理をしっかりすればその価値は上がっていきます。そもそもアメリカ人は総じて日曜大工好きで、住まい手自らが無理なく楽しんで維持管理をしています。一方日本では、新築時をピークとしてその資産価値は右肩下がりで、売却する際には建物を解体し更地とした方が価値が上がることもあります。ギルバート氏曰く、それは住宅メーカーと金融機関の陰謀ではないかと。

ここからは私の持論も交えて。アメリカで中古市場がしっかりと機能している理由として、アメリカ社会の流動性が挙げられると思います。アメリカでは、より条件の良い職を求めて移住するのは当たり前のことですし、その時々の家族の形に合わせて家を住み替えることも現実的な選択肢です。その分サンクスギビング等の行事をとても大切にするんだと思います。一方日本には"家系を守る"という風習がありますし、家系を守る立場でなくとも一度マイホームを構えたらそこに定住するのが主流です。

住み替えが当たり前のアメリカの住宅は社会的資産の要素が強いのに対し、日本の住宅はあくまでも個人的な資産です。この日米の社会構造の違いが直接的に中古住宅の価値の違いになっていると思います。日本がアメリカのような合理的な社会的流動性を持つことが難しい以上、中古住宅の価値が認められるようになるのはまだしばらく先のことでしょう。

登壇する時と降壇する時に、ギルバート氏が後方に掲げられていた日本の国旗に向かって丁寧に、嫌味なくお辞儀していたのがとても印象的でした。ギルバート氏は、紛れもなく一般的な日本人よりも日本の心を持つ外国人でしょう。

中島 大地

profile

terrajapan

Author:terrajapan
1974年9月20日生まれ
寅年・乙女座・O型

entry
comment
trackback
archive
category
未分類 (2)
自分 (123)
家族 (255)
映画 (59)
(株)中島工務店 (144)
住宅建築 (334)
社寺建築 (18)
公共建築 (9)
プロジェクトLK (28)
ガンダム (127)
NBA (91)
蕎麦 (42)
地域 (213)
ブログ (6)
食べ物 (155)
basketball (21)
スポーツ (17)
太陽光発電 (6)
TKD様店舗 (14)
愛宕Ark (5)
旅行記 (9)
Thousand Miles (4)
リニア (7)
講習 (69)
台湾旅行記2009 (3)
香港旅行記2009 (4)
台湾旅行記2009-2010 (6)
台湾旅行記2010 (5)
台湾旅行記2011 (4)
台湾旅行記2011-2012 (8)
台湾旅行記2012-2013 (11)
MT様社長棟 (5)
新住協 (23)
SAREX (7)
ごとむし庵 (7)
小熊作品展 (80)
小熊語録 (7)
WOOD AC (7)
LK+ (21)
木KEYPoint (38)
漫画 (22)
地球の会 (14)
プロジェクトARK (63)
エコアイデア (5)
舞台峠うまいもん祭り (73)
商工会 (56)
かしも山歩倶楽部 (12)
東濃ひのき×アイランドプロファイル (2)
沢渡の家 (4)
LK-GALLERY (9)
台湾旅行記2013-2014 (11)
加子母むらづくり協議会 (3)
中津川法人会 (3)
木材乾燥 (3)
ドイツパッシブハウス世界大会視察研修 (7)
物・愛HAUS (7)
ガジェット (72)
国立台湾科技大学日式木作工作営 (5)
柏屋holz (4)
中島とつくる家 (20)
台湾旅行記2014-2015 (17)
なぜか上海2015 (5)
養老の家 (32)
日韓親善協会 (1)
咲湊ヴィラ (8)
台湾旅行記2015-2016 (13)
JBN (5)
Project "Kashimo Studio" (5)
韓国木造建築視察研修2016 (2)
内装木質化 (3)
Woodism (20)
Come On A-Yoro House (19)
青い山脈の町未来創生会議ドイツ視察ツアー2016 (13)
音楽 (13)
台湾旅行記2016-2017 (8)
本 (2)
なぜか台湾2017 (5)
その他 (1)
木材利用 (0)
文化 (1)
user
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by terrajapan

Designed by マンゴスチンw

for what it's worth